このページの先頭です
ここから本文です
  1. トップ
  2. アショカツアーズ流インドの歩き方

アショカツアーズ流インドの歩き方

エスコートとガイドは違う?

2014年11月11日 10:18

アショカツアーズでは、現地係員のことを“ガイド”ではなくあえて“エスコート”と表記しますので、お客様より、「エスコートって、ガイドのこと?違うんですか?」とお問合せいただくことがあります。


たしかに日本では、添乗員もバスガイドも観光地で専門的な説明をしてくれる人も、みんな区別せずに「ガイドさん」と呼ぶことが多いので、「案内人」という意味ではエスコートもガイドさんです。ただ、“分業”が徹底されているインドでは、仕事内容により呼び分けをしますので、弊社もそれにあわせて区別しております。


『日程を円滑に進める業務を担う人』=エスコート


『観光地で説明をする人』=ガイド


同行・随行の現地係員は『エスコート』ですが、観光地では『ガイド』を兼任して見所のご案内もいたします。 『ガイドもするエスコート』という表現がより正しいのかもしれません。


-------------


一部の観光地(アグラのタージマハルやデリーのクトゥブミナール)では、地元ガイドの雇用を守るための組合の力が強く、エスコートは説明行為を一切できないことがあります。この際、エスコートが地元ガイドを雇い、お客様・エスコート・地元ガイド、と揃って観光していただくことになります。


なお、国家資格の“ガイドライセンス”を取得しているエスコートは、地元ガイドを雇わずに自分でガイドができます。この試験を突破するのは超難関な上、毎年実施されるわけではないので、免許を持つエスコートはそれほど多くありません。 

1/17発【聖地ブダガヤ】×【雅楽師 東儀秀樹】至極のコラボレーション・ツアー 締め切り迫ります!

2014年11月10日 18:56

【1月17日発 添乗員同行】「東儀秀樹 世界遺産コンサート」仏教三大聖地とタージマハール8日間


~仏教発祥の最も聖なる地に、日本伝統の神秘的な旋律が響く、特別な時間~





雅楽師/音楽家として広く活躍する東儀秀樹さんが、インドの仏教聖地ブダガヤで行う「世界遺産コンサート」に合わせて訪れるインド。


お釈迦様がさとりを開かれた【ブダガヤ】の他、初めて説法された【サールナート】、冬を過ごされた【ラジギール】、イスラム建築の最高峰【タージマハル】、経済発展めざましいインドの首都【デリー】、ヒンドゥー教徒の【聖地ベナレスのガンジス河】を8日間で訪れる充実のプラン♪


締め切りは11月28日(金)。


千載一遇のご機会です。 お申込を心よりお待ちしています。

アショカツアーズ・ホームページをリニューアルしました

2014年11月10日 09:30

いつもアショカツアーズのWEBサイトにアクセスいただきましてありがとうございます。
この度、当WEBサイトをリニューアルいたしました。
今後もよりいっそう充実したホームページにしていきますので、
引き続きよろしくお願い申し上げます。

アショカツアーズのお客さま、インド映画に出演!

2014年09月09日 10:14

10年前になりますが、2005年、弊社のお客様がインド旅行中、なんとインド映画に出演されました!


お客様は、あるNGOのスタディツアーの御一行さま★


クシナガラのホテルに滞在中、インド映画の撮影に遭遇。


夜22時に、監督さんから、「ぜひ来てほしい!」と直々にお話があり、見物に行ったそうです。


すると、あれよあれよという間に...
主役の俳優さんとダンスシーンで共演!


インドの映画撮影は驚きの連続、楽しく笑いっぱなしの、貴重な体験で、今でもツアーメンバーが集まると思い出話に花が咲くそうです。


最近になって、その映像がyou tube で見つかったと、当時、ツアーを担当させていただいたインド人ガイドから、お客様に連絡があったとのこと。


一部分ですが、こんな感じです↓



このインド人俳優さんも、有名になられたそうですよ!


日本で、いや、どの国でも、「いきなり映画に出演」なんてないですよね!


なんでもありのインドならではの体験です♪


こんな摩訶不思議なインド、ますます、たくさんの人に体感していただきたいです。

【DVD】 3 idiots きっと、うまくいく

2013年11月20日 18:40

インドの娯楽といえば、映画!


実は、インドは、年間の制作数も観客数も世界ナンバー1★


アメリカの「ハリウッド」を文字って、インドの一大映画産業都市ムンバイは「ボリウッド」と言われます。


ほとんどが3時間もの大作で、わかりやすいストーリーの娯楽作。


途中で場面ががらりと変わり、いきなり崖の上で、豪華なミュージカルシーンがはじまるのはお決まり。


メロドラマ(といってもラブシーンはご法度)、アクション、コメディ、歌、ダンスなど、さまざまな要素がぎゅ~~~~っ、とつまった映画は、「マサラムービー」とも呼ばれています。



そのなかで、一番のおすすめは、「きっとうまくいく」。


インドでの映画名「3 idiots」 、インドでの歴代興行NO.1 映画です。


この映画のヒットの理由は、恋愛やダンスの要素だけではなく、「現代インドの社会問題」にもメスを入れているところ。


といっても、素敵なキャラクターの人たちのおかげで、見る者を暗~い気持ちにはさせないのが不思議です。


なにより、俳優陣のお芝居が上手で、これぞ映画! という感じ☆


見所がたくさんつまっていて、3時間なんてあっという間です。


インド映画が始めての人、たくさん見てきた人、どんな人にもオススメの1本です!


 


この映画に出てくる舞台、ラダック地方への旅はいかが♪


<< 映画の舞台ラダックへのツアーはこちら(夏期限定) >>


最後の場面のロケ地となったパンゴン湖は、今やインド人の誰もが訪れたがる観光となっています。


映像以上の美しい、壮大な景色が目の前に!


人々もやさしく、本当に、泣きたくなるほどきれいな場所です。