このページの先頭です
ここから本文です
  1. トップ
  2. アショカツアーズ流インドの歩き方

アショカツアーズ流インドの歩き方

いろいろの記事一覧

1 / 3123

*インド人は日本に興味があるのか*

2019年11月22日 13:23

ナマステ~。

最近、めっきりと冷え込むようになりました。
もうすぐ冬ですね。
皆様、いかがお過ごしでしょうか。

 

インバウンドの記事を読んだので、是非…と思いこのブログにも書いて共有したいなと。
↓↓
https://www.yamatogokoro.jp/inboundnews/pickup/34584/

 

 やっぱり、自分の国に興味を持ってもらうって嬉しいですね。
特にテクノロジーについての興味がアジアの7か国の中で1番多いのは納得です。
インドは目まぐるしく発展してますもんね~。
そして美容などのライフスタイルも気になるのか…と驚き。

以前、インド人に
「日本は食事のルールや、横断歩道のルールが多いので疲れる!」
と言われたことがあります。そうなのか…?

 

 

普段、アウトバウンドのみなので、どうしても海外についての情報ばかりになってしまいがちですが、外国人が日本のどんなことに興味があるのかを知ることはとても重要なことだと感じます。
インド旅行中でも、インド人とのコミュニケーションの一つになりますし、相手を尊重する上ではとても重要なことの一つですね。

 

この間、知り合いのインド人が日本に留学したので、一緒にランチに行こうと待ち合わせをしたら、
「今日はヒンドゥー教の大事な日だから、ベジタブルです。」と言われました。
事前には卵や鶏はOKなど聞いていたのですが、その日は全部NG…。

 

無宗教の私からすると、何だか不便だな~と感じますが
彼にとっては、これってとても大切なんです。
こういう異文化をきちんと理解して尊重しないと(まず知らないと)いけないなと痛感しました。
そしてめちゃくちゃお店を探しました。

 

 

…結局カレー屋さんに行きました。
もっとベジレストランのレパートリー増やします!

 

それでは、いい一日をお過ごしください♪

 

ツーリズムEXPO!一番お問い合わせの多かった地域は…

2019年10月28日 20:17

ナマステです。

先週末、大阪でツーリズムEXPOが開催されました。
ビーエス観光も出店させていただき、沢山のお客様と直接お話ができました。
本当にありがとうございました。

お客様から、「ここに行きたいんだけど」と一番お問い合わせが多かった地域はどこだと思いますか~?
スタッフは、タージマハルだったりガンジス河かと思っていたのですが…

断トツ多かったお問い合わせは、なんとラダック地方でした!
何と…嬉しい……!

 

ラダック地方はチベット文化が強く残っている、インドらしくないインドです。
標高が富士山より高いところが多く、山々の景色が本当に絶景です。

 

ラダック②

 

dav

 

dav

 

sdr

 

ラダック①

 

移動中の景色でさえ、絶景すぎて感動です。
カメラで撮影しても、絵みたいな写真ばかり。

 

こんな秘境の地ですが、デリーからのアクセスがかなりいいことも◎です。
(デリーからレーまで飛行機で1時間ぐらいです)

もうオフシーズンになるので、
来年の夏に向けて、ゆっくり計画を立てませんか♪

 

 今週末は神戸でインディアメーラーもあります。
今年もエアインディアさんと共同出店しますので、
是非是非、お越しください~*

 

平山郁夫美術館 特別展示会のお知らせ

2019年10月11日 14:06

まず最初に平山郁夫美術館の事を知らない方へ紹介します。

 

所在は広島県尾道市ですが、瀬戸内の生口島という島にある大変雰囲気の良い美術館です。平山郁夫美術館建物

車ではしまなみ海道で瀬戸内海の素晴らしい景色をご覧頂けますし、電車でも尾道か三原から生口島行きのフェリーが就航しています。

現在、JR西日本でも「せとうち広島の旅」で紹介されている地域でこれからの時期は旅行のベストシーズンです。

平山郁夫美術館では、現在「世界遺産 敦煌」の展示会をしております。平山郁夫美術館「敦煌」チラシチラシ裏

平山郁夫画伯が描かれた敦煌の絵の展示はもちろんですが、一番の目玉は「スーパークローン文化財」による莫高窟57窟の完全再現をした展示です。

非常に精巧な技術を駆使していますので、関心のある方は期間中に是非お出かけ下さい。

弊社では、その展示に合わせ平山郁夫画伯が描かれた敦煌、シルクロードを中心にしたツアーを企画しています。

平山郁夫画伯がこよなく愛した敦煌、シルクロードを実際に訪ね、莫高窟57窟を中心にオリジナルの石窟をゆっくりとご見学頂きます。パンフレット-01 パンフレット-02

インドではございませんが、詳しい案内をご希望の方は弊社大阪事務所までお問い合わせ下さい。

 

ありがとう、エアインディアさん!

2019年09月24日 14:37

9月17日、関西発のエアインディア便が最終を迎えました。
1972 年に伊丹空港に就航して以来5、大阪とインドを結んでこられました。

 

アショカツアーズは、
エアインディアさんと共に歩んできたといっても過言ではないぐらい、
まだ一般的ではなかったインド旅行をつくってまいりました。
創業当初から、大変お世話になっております。

 

エアインディアの大人気のキャラクター、マハラジャ君が大好きな
5歳の女の子からも「ありがとう」のお手紙が届きました。
「マハラジャ君、いつかインドに連れて行ってね」と、話してましたよ。
手紙には、「だいすきだよ」と書いてます。

 

20190701144552_p-1

 

20161103053457019

ちなみに、ヒンディ語もちゃんと勉強してますよ~ ? ^ ^?

 

今後、日本からのエアインディア便は、成田からのご案内になります。

 

エアインディアさん、ありがとうございました。
関西空港便の復活をお祈りしております!

*ミャンマーの観光ビザ免除延長が確定*

2019年09月19日 16:18

やっと、秋らしくなってまいりましたね。
朝晩は少し寒くなり、ちょっとしんみりします。

 

さて…
ミャンマーの観光ビザが2018年から1年間免除されていたのですが、
もう1年(2020年9月末まで)延長されることとなりました。

 

(インドとは違い、)もともとミャンマーのe-VISAは簡単な方でしたが
50$かかっていたので、免除はやはり嬉しいですね。

 

免除の理由は、主にロヒンギャ問題で観光客が減少した為と言われています。
ロヒンギャとは、ラカイン地方に住んでいるイスラム教の住民のことです。
ミャンマー、そして隣国バングラデシュからも実質認められていない民族です。
なので、ロヒンギャの方はどちらの国籍も取得できないでいます。

 

仏教徒が多いミャンマーでは、まだまだイスラム教徒の彼らを快く思っておらず
不法移民だと思っている国民も多いのです。
その為差別も多く、民族暴動も起きています。

 

ミャンマーでは、軍の権限がまだまだ強いので、
アウンサンスーチーさんと軍、そして警察が関与し
なかなかのねじれ国家といいますか…

ロヒンギャの方には国籍取得できるようになってほしいと祈るばかりです。

 

…話がそれてしまいましたが
上記でお伝えした、ラカイン地方などの国境に近い地域は
不要不急の渡航はやめるようにと外務省が定めております。(2019/09/24現在)

 

それ以外のヤンゴンやバガン、マンダレーなどは
全く問題なく渡航できますので、ビザ免除の間に是非訪れていただきたいです。
特にバガンは世界3大遺跡群と言われているにも関わらず、
ずーっと世界遺産候補だったのですが、やっと!!今年!!世界遺産登録されました!
おそらくこれからどんどんと訪問客が訪れると思います。今がチャンスですね。

 

ミャンマー⑤

 

ミャンマー③

 

ミャンマーは穏やかな雰囲気でとってもおすすめです。
ミャンマー料理もとても美味しい◎◎

 

ミャンマー④

たくさんの可愛い仏像にも出会えますよ~♪

 

是非行かれてはいかがでしょうか*

 

1 / 3123