このページの先頭です
ここから本文です
  1. トップ
  2. アショカツアーズ流インドの歩き方

アショカツアーズ流インドの歩き方

*インドのお正月*ディワリ

2015年11月01日 11:11

インドでも最も大切なお祭り、「新年を祝うディワリ(ディパワリ)」を紹介します。


10~11月の新月の日、月のみえない夜にインドは新年を迎えます。


新年を迎える気持ちは日本と同じ、数日前から大掃除がスタート!


経済的な余裕のない家庭のお母さんも、この時ばかりは、新しいサリーを手に入れることができる、心弾む季節。


恐ろしく年季の入ったボロボロの椅子、例えば足のない椅子(それでもインド人は工夫して使っています)も、ようやく新調されるチャンスが巡ってくるのです。


壁を塗りかえ、カラブルな神像、花輪で飾ります。


近年では、ディワリ前にインド全土の需要が旺盛になる傾向にあり、世界の市場もインド勢の動向に注目しています。


大掃除を終えた人たちは、真っ暗闇の夜、いよいよ新年を迎えるため、ろうそくを灯します。



我が家の中だけでなく、戸口や庭、道、ガンジス河の畔、めいっぱい明るく、新しい年が幸せな1年になるように、祈祷師とともに、ラクシュミーやガネーシャに祈ります。


日本の「キャンドルナイト」「灯火会」のようなことがインド全土で行われているのです。


---


なんと、幻想的なお祭りなんでしょう♪と思いきや、都会では少しばかり事情が変わってきています。


若者が爆竹で大騒ぎ…


なので、この時期にインドに旅行する人は、静かな光のお祭りを楽しめる地域をオススメします。


甘いお菓子ラッドゥが山のように積み上げられた町に、「ハッピーディワリ!!」の笑顔が溢れています。


2015年のディワリは11月11日。


みなさんもインドで一緒にお祝いしませんか。

∮お客さまの声∮ アンケート①

2015年10月30日 13:52

アショカツアーズでは、お客様に「おかえりなさいアンケート」のご協力をお願いしています。


承諾をいただいた方のみ掲載させていただきます。


 


✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈


■ 2015年8月 インドエッセンス “ガンジス河とタージマハル” 国内線利用 6日間 /(匿名)


 ✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈


 


★日本からインドへの航空会社について(エアインディア利用)


想像より悪かった。


★国内での移動について


最終日の車の運転がすごく酔いやすく、急ブレーキがひどかったが、それ以外は問題なかったです。


★ホテルについて


想像よりよかった。アグラでアップグレードしたホテル(JPパレス)もよかったが、デリーの「ザ ミューゼ サロヴァル ポルティコ」のサービスがよかったです。


★お食事について


カレーばっかりで飽きた。チーズカレー、チキンカレーが美味しかったが、やはり飽きました。朝食のオムレツが、日本っぽくてうれしかったです。


★インド人エスコートについて


大満足!非常に親切な方でした。たくさんお話もできて楽しかったです。またお会いしたくなる方でした。


★スケジュールについて


慌ただしくも、もっと色々まわってみたかった。3日目がほぼ移動だったので、もったいない気がしました。(午前)ベナレス観光
(午後)飛行機でベナレスからデリーへ移動、その後、車でデリーからアグラへ移動


★次回インドに行くなら訪問してみたいところ


ジャイプル、ムンバイ


★インドで楽しかったこと、おもしろかったこと、驚いたこと


道路に動物がたくさんいたこと。日本ではありえない光景でおもしろかった。


★今回の旅行で気に行ったところ


タージマハル…世界遺産ははやりキレイでした。鳥肌立ちっぱなしでした。


★インド人に言いたいこと


なぜ、そんなにじっと見つめるのか…? 聞きたい。


★インドに行ったからこそわかる「インドあるある」


本当にカレーしか食べない。そして、デザートが甘すぎるというギャップ。


★これからインドを旅する人へのアドバイス


とにかく、カレーばかり。日本食、日本のお菓子など持っていくのもありです。


★なんでも自由にどうぞ


思っていた以上に楽しめました。安全に考慮されたコースだったと思います。


--------------------------------------------------


【アショカツアーズスタッフより】


貴重なご意見をいただき、ありがとうございます。


車の運転が荒いことがあったとのこと、せっかくのご旅行中に不安な気持ちにさせてしまい申し訳ありませんでした。インドの提携会社を通じて、充分注意するように伝えました。ドライバーも、気を引き締めていくと申しております。ご指摘、誠にありがとうございました。


お食事につきましては、可能な限り中華なども入れていますが、地域によっては、どうしてもカレーがメインになってしまいます。アドバイスいただいたとおり、手頃な日本食やおかしの持参もいいですね。インドにも白いご飯はあるので、日本のふりかけもオススメです。


インド人エスコートには、ご満足いただけ、大変うれしく思っております。エスコートにも伝えました。大変励みになります。またの機会がありましたら、ぜひインドでの再会を…と思います。


このたびは、弊社をご利用いただき、またご丁寧なアンケートをいただき、ありがとうございました。インドは、行けば行くほど魅力が増す国です。ぜひ再訪いただければと思います♪

*ベナレス街歩き* ラッシーを求めて

2015年10月28日 13:43

インドといえば、チャイが有名ですが、もうひとつ忘れてませんか?


そう、ラッシー! 


「ヨーグルト+砂糖」のコールドドリンクです。


日本では、インドレストランだけでなく、スーパーでもパックに入って並んでいますね。


アショカツアーズのスタッフは、無印良品の「フリーズドライ・マンゴラッシー」が大好物でしたよ。


 


さて、インドで、ラッシーといえば、ベナレスが有名です…田舎ではなかなかお目にかかれません…。


暑い季節、辛いカレーのあとにいただくと、さっぱり☆ 至福の時☆


ガンジス河近くの地元の人で賑わう、何の変哲もないレストランで「ミックスラッシー」を頼んでみると…


でてきたのがコレ↓



 


ミックスジュースのように、季節のフルーツピューレが混ざったものかなと想像していましたが、プレーンラッシーに、リンゴやバナナなどの果実がたっぷり入っていました。


コップの上に浮いているだけじゃなく、コップの底までたっぷり◎


このラッシーを見た瞬間、日本人4人そろって、お店のおっちゃんに言いましたよ。


「おぉぉぉ~ すご~い! おっちゃん、なかなかやるなぁ~」


大大大大大感激…★


インドでは、ちょっとしたことにも、大袈裟に感激してしまいます。


 


ベナレスでは、こんな変わり種ラッシーもありました。


●コーヒーラッシー
 恐いモノ見たさ&話のネタに注文したものの、コーヒーとラッシーが100%ミスマッチ!


そのほか、注文する勇気がなかったので、どんなものかだけお店の人に聞いてみました。


●薔薇のラッシー
 お店の人曰く:不評により、メニューに書いてあるだけです


●チョコレートラッシー
 お店の人曰く:まだマシな味です


 


もちろん、マンゴーラッシー、バナナラッシー、パパイヤラッシーなど、王道の美味しいラッシーもたくさんありましたよ◎


特に旅行では、「食」は大切、毎日とても楽しみですね。 


美味しいモノをたくさん食べて、ぜひ楽しいインド旅行を♪


 


★★★ 最後に一言... ★★★


お腹の弱い方は、いくら美味しそうでも、ラッシーはなるべくお控えください。
おそらく、その日の朝に絞った牛乳を使っていると思いますが、古くなっていたら大変です!
ラッシーを飲む場合は、回転率のいい、繁盛店を狙ってください。
せっかくの旅行に、下痢は大敵!
お腹とよ~く相談してみてくださいね。

*インドの美男&美女*どこのどなた?

2015年10月15日 15:59


 


こちらのインドの美男&美女、いったい何でしょうか?


・・・


実は、デリー空港のトイレの入り口です。


女子トイレと男子トイレの区別、すご~くわかりやすいですね!


トイレによって、それぞれの地方の民族衣装を着た美男、美女が描かれているので、複数あるトイレの前を通りすぎるだけでも楽しいです♪


 


「インドはトイレが汚い!」「臭い!」 と思われている方が多いと思いますが、こんな楽しくなるようなトイレモありますよ☆

*インドのグルメ*ブレインカレー

2015年10月07日 15:06


↑ブレインカレー


オールドデリーの人気店『カリームホテル』の一品です。


カリームホテルへはチャンドニーチョーク駅からリキシャで約5分程。有名なお店ですので、リキシャの運転手に店名を伝えれば、簡単に連れて行ってもらえます。(10~20Rs程度)



ジャマーマスジットの前から伸びる通りに面した細い通路を抜けると、お店の看板が現れます。



カリームホテル内にはいくつもの店があり、その一部。


ジャマー・マスジット(イスラム寺院)に近いので、ムスリムの方々が多く、またマトンやチキンのお肉を使ったメニューが多いのが特徴です。パニール(チーズ)などのベジ料理もあります。



↑タンドリー・マトン



↑パニール・カリー


 


さて、ブレインカレーとは、その名の通り、『羊の脳みそカレー』のことです。


羊の脳みそは、味、食感共に白子のようでした。


気になる方は、是非一度、自宅のカレーに白子を投入してみてはいかがでしょうか??


 


☆★おいしい&楽しいがいっぱい♪五感で楽しむスパイシーなツアー!!★☆


■カレー好きにおすすめ!■インドを食す“デリー・アグラ・ジャイプール”マサラの旅6日間