このページの先頭です
ここから本文です
  1. トップ
  2. アショカツアーズ流インドの歩き方

アショカツアーズ流インドの歩き方

*インドの美味しいおみやげ*定番マサラチャイ

2016年03月23日 10:48

おひさしぶりの「インドのおみやげ」シリーズです。


なかなかのご好評をいただいているシリーズ、今回は定番のマサラチャイ(インドのスパイス入り紅茶)を紹介します。


 



 


本来、チャイは、茶葉&スパイス&牛乳をお鍋にいれて煮詰めて作るのですが、これは、元々アッサム茶葉にスパイスが混ざっているので、温かい牛乳に箱の中身をそのまま入れるだけ。


簡単に、チャイになるというお手軽なものです。


しかも、なかなか「本場のチャイ」に近い味になります♪


お客さまも何人か買われているのですが、みなさん「インドのチャイの味がした!」とインドの味を懐かしんでおられましたよ。


あまりに洗練されていない、ゆる~いパッケージがインドっぽいので、おみやげにも自分用にも最適ですね。


150ルピー (×1.7=260円) ぐらいでしたでしょうか…。


デリーにあるインド人ガイド(エスコート)オススメのお店でしか見かけたことがないので、お店の紹介ができないのですが、もし見かけたら、手に取ってみてください!

*インドの風景*Я 珍時計 R@ベナレス

2016年03月09日 15:36

自分の目を疑いたくなる瞬間があります。


インドにいると、日常茶飯事です。


まさに、ぶらぶらとベナレス街歩きをしていた時のこと。


古びた電話屋で、目に入ってきたこの時計に、思わず駆け寄りました。


 



 


「えええぇぇ~! ええええぇええ~! なに? なに? どうなってるの?」


電話屋のおじさんに質問攻め…


やや引き気味のおじさんに、わたしはお構いなし。


 


この時計は、「20年近く前のインドの製品で、限定品」とのことでした。


ちなみに、短針がさしているのは「8」ですが、実際は「4時」でした。 


 


街をブラブラしてみると、おもしろいものがたくさん見れますね。


インドでは、日本の100倍の確率でおもしろいものと遭遇する気がします。


ぜひとも、インドでは、ぶらぶら街歩きも楽しんでみてください♪


 


う~ん、インドに行きたくなってきた? …でしょうか。

【インド現地情報】アライバルビザが3月1日から復活!?

2016年02月25日 15:08

2/23付ヒンダスタン・タイムズ紙によりますと、来月3月1日よりデリー・ムンバイ・チェンナイ・コルカタ・バンガロール・ハイデラバードの6空港に限り、現地到着後に「30日間有効のシングルビザ(観光・ビジネス・会議出席)」が取得できるようになります。(インドのことなので開始日が遅れたり、「やっぱりやーめた」があるかもしれませんので、実際に始まるまでは当てにされませんように・・・!)


インドビザの取得方法には、これまで日本出発前に手続きする2通りがありましたが、アライバルビザが加わることで3通りとなります。これまで、出発前の手続が間に合わず旅行をキャンセルせざるを得ないケースがまれにありましたが、現地で取得できればその心配はなくなるので本当なら朗報です。これを機にインドへの旅行者が増えてくれるとよいのですが!


 


■従来の2つの申請方法とは


1)東京・大阪にある「インドビザ申請センター」で事前に取得


 ●ビザの種類:申請後6ヶ月間有効 マルチプル(何回でも入国可)
  ※ご職業(マスコミ、大学、宗教関係など)によっては、1ヶ月有効 シングル


 ●必要なもの:パソコン、プリンター、A4用紙、パスポート、証明写真、印紙代+送料(3千円弱)など


 ●申請手順:


 サイトにアクセス⇒ https://indianvisaonline.gov.in/visa/index.html
  ↓
 「Regular Visa Application」のページに進み、必要事項を入力→プリントアウト
  ↓
 「インドビザ申請センター」に必要書類を提出し、現金でお支払い
  ↓                        
 その場でチェックを受け、受理されると約1週間後にパスポートとともに現住所へ郵送
 万一、不備があれば受理されません(もう一度初めから↑)


 


2)インターネットで事前に取得


 ●ビザの種類:申請後1ヶ月間有効 シングル(1回のみ有効)


 ●必要なもの:パソコン、パスポート、証明写真の画像データ、クレジットカード


 ●申請手順:


 サイトにアクセス⇒https://indianvisaonline.gov.in/visa/tvoa.html
  ↓
 「>> e-Tourist Visa」のページに進み、必要事項を入力
  ↓
 クレジットカードでお支払い(25USドル)
  ↓
 発給の可否が4日後のメールにて判明/不備があれば再申請(もう一度初めから↑)


 


■復活する予定のアライバルビザとは


2012年夏頃~2015年1月末の廃止まで、日本など指定の10カ国の国籍保有者に限り、到着空港でビザが発給されていました。このたび再開予定のビザ申請条件・手順は、前回の内容と同様ではないかと予想されますが、インド大使館・領事館のサイトでは正式な発表はまだなく、現時点で詳細は分かりかねます。


 


3)空港到着後に取得(2012年~2015年の場合)


 ●ビザの種類:申請日より30日間有効 シングル(1回のみ有効)


 ●必要なもの:パスポート、証明写真、60USドル


 ●申請手順:


 現地空港に到着後、ビザカウンターへ
  ↓
 申請書とビザ代を提出
  ↓
 審査が通れば、その場で発給/問題があると認定された場合は、入国できず強制送還


 


■しばらくは様子見を


昨年11月の安倍首相の訪印を受けてのことのようなので、おそらく日本国籍保有者のみが対象の、空港にとってはイレギュラーな業務となるため、ビザカウンターに係員が常駐していない可能性が大きいです。特に、成田・関空からの直行便(エアインディア、JAL、ANA)以外で到着した場合は、乗っているかどうかも分からない日本人のために待機しているわけがありません。以前も、対応してくれる係員をあちこち探し回ったり、どうやらさっさと帰宅してしまった係員の出勤を空港で何時間も待ち続けたケースなどがありましたので、数ヶ月たって軌道に乗るまでは利用しないほうがよいかもしれません。


到着後に戸惑うことにならないよう、まずは従来通りの1)か2)での取得手続きを行い、なんらかの事情によりどちらも間に合わなかった際の「最終手段」として3)アライバルビザを利用するのがおすすめです。


 


■渡航回数によっては使えません


2)と3)あわせて年間2回までしか利用できませんので、年に3回以上渡航される可能性がある方はご注意ください。


 


■アショカツアーズでは「インドビザ申請センター」での事前取得を推奨します


当社にビザ代理申請をご依頼いただきますと、いろいろなケースに対応できて一番安心して渡航できる1)の方法で取得いたします。ご自身で取得なさる場合も、できるかぎり1)でお手続きくださいますようお願いいたします。


 


※4月18日追記※


デリーのアライバルビザについては、かなりスムーズに手続きが行われているそうなので、ぜひご利用ください!専用ルームが設置され、日本語対応係員が24時間常駐しているとのことです。近日中に弊社スタッフの体験記を掲載させていただきます。

*インドの風景*象さんの散歩

2016年02月19日 10:00

ウソのほうな、ホントの話。


インドでは、犬の散歩のように、象さんが散歩しています!


 


たとえば、この写真↓の象さんは、朝と夕方の散歩が日課です。一緒に写っているおじさんが、「象使いさん」です。



 


この象さんたちは、村のお祭り、結婚式などのイベントで活躍します。



 


日本からの旅行者もビックリ! 一緒に記念撮影を~★ 



 


村に住んでいる象さんが散歩していることもあれば、村から村へ、街から街へ、何十キロも大移動している象さんに遭遇することもあります。



 


ラクダさんもいますよ。



 


首都デリーで巻き起こる大渋滞… 牛さんが道を闊歩しているのが原因かと思いきや、象さんがノロノロ歩きしているのが、原因だったり…。


真相は、ぜひインドでお確かめください★

*インドの風景*♪野に咲く~花のように~♪

2016年02月12日 10:00

まだまだ寒い日がつづきますね。みなさん、体調など崩されてないでしょうか。


一足早く、インドには春がやってきます!


みなさんがよく観光で訪れる北インドは、朝晩はまだ寒いのですが、お昼はポカポカ陽気です。


 


↓この景色を見て、この歌を口づざむ日本人多数…(30歳以上・裸の大将世代 限定)



♪野に咲く~花のように~風にふかれて~♪


せっかく気持ちよく口づさまれているので、クギをさすようで申し訳ないのですが…


歌っている方の大半(ほぼ100%)は、この花を【菜の花】と思われていますが、正解は【からし菜】で~す。


 


他にも、インドでは美しい花がたくさん咲きます♪


♪バ~ラが咲いた バ~ラが咲いた 真っ赤なバ~ラ~が~♪



 


さらに、美しい夕陽!



 


さぁ、みなさんも、インドでゆっくり、ゆったり、過ごしてみませんか?