このページの先頭です
ここから本文です
  1. トップ
  2. インドってどんな国?

インドってどんな国?

歴史

現在のインドの姿は、何千年にも渡る、複雑な歴史が創りだしたものです。

紀元前1万年
インダス文明が栄える

写真01

モヘンジョダロ出土の踊り子像/デリー国立博物館

4世紀
グプタ朝が北インドを
支配、美術が栄え、天文学・医学・数学が進歩する、文化の黄金時代

写真02

アジャンタ石窟寺院の壁画{世界遺産}

8世紀
北インドにラージプート族(騎士)が流入し、諸王国が興亡、群雄割拠の時代

写真03

ラジプート族の王侯

14世紀
南インドでヒンドゥー教のヴィジャヤナガル王国が栄える

写真04

ハンピの遺跡群{世界遺産}

16世紀
イスラム教のムガル王朝がインド全域を支配

写真05

タージマハル{世界遺産}

19世紀
セポイの反乱の失敗によりムガル帝国滅亡、英国の植民地支配へ

写真06

ダージリン・ヒマラヤ鉄道{世界遺産}と紅茶農園

1947年8月15日 
インド・パキスタン分離独立

写真07

インド国旗

紀元前3万年
石器時代

写真08

ビムベトカ岩陰遺跡の壁画{世界遺産}

紀元前13世紀
中央アジアからアーリア人がインドへ、バラモン教・カースト制成立
紀元前3世紀
マウリヤ朝アショカ王が北インドを統一、仏教が保護され広まる

写真09

ブダガヤ大塔{世界遺産}

6世紀
南インドでヒンドゥー教のチャールキヤ朝・パッラヴァ朝が繁栄

写真10

パッタダカルの遺跡群{世界遺産}

11世紀
イスラム教徒の侵攻が始まる
13世紀
イスラム教の奴隷王朝クトゥブディン・アイバクが北インドを支配

写真11

クトゥブ・ミナール{世界遺産}

15世紀
ポルトガル人探検家ヴァスコ・ダ・ガマがインドへ来航

写真12

ヴァスコ・ダ・ガマ

17世紀
英国・オランダ・フランスが東インド会社設立、ヨーロッパ諸国によるアジア貿易独占、植民地経営が進む
20世紀
マハトマ・ガンディー独立闘争

写真13

マハトマ・ガンディー

世界遺産

インドは世界でも6番目に世界遺産が多い国。文化遺産・自然遺産あわせて35あります。(2016年現在)

自然

インドの魅力は、エネルギッシュな街や人々、観光名所だけではありません。町から少し離れたところには、まだ手付かずの豊かな自然が残り、素朴な人々が暮らします。癒しの旅はいかがですか?

ヒマラヤ山脈の麓ラダック地方、スリナガル
神々しいほどに美しく雄大な景色と、おだやかに暮らす素朴な人々に出会えます。避暑の旅におすすめ。
自然豊かなインドは動物の宝庫野生動物保護区サファリツアー
ベンガルタイガーやアジアライオンなど希少な動物と遭遇できるチャンスも。
緑に囲まれ癒しの時を南インド
アラビア海を臨むビーチでのんびり。水郷地帯のボートクルーズでリラックス。ケララでは本格的なアーユルベーダ体験を。
インド西端・砂漠の街ラージャスターン州
どこまでもつづく砂とラクダの足跡、エキゾチックな雰囲気たっぷりの城下町。まさに別世界にいる気分です。

宗教

インドを旅する上で、決して切り離すことができない「宗教」。インド発祥の宗教に加え、長い歴史の中で取り込んできた外来宗教や、それらが合わさって成立したものなど、バラエティー豊かに存在します。

ヒンドゥー教
古代バラモン教と土着の民間信仰が合わさり成立。創造神ブラフマン、破壊神シヴァ、維持神ヴィシュヌの三神一体のほか八百万の神々を信仰。インドでの信者の割合は約80%。牛=神様として崇め、牛肉は食さない。
イスラム教
7世紀にアラビア半島で成立し、12世紀頃インドに広まる。唯一神アラーを信仰。インドでの信者の割合は約12%。豚=不浄と考え、豚肉は食さない。一日に5回、メッカに向かって礼拝を行う。
ジャイナ教
紀元前5世紀頃、デカン高原でマハーヴィーラにより成立。宗派は大きく二つに分かれ、24人の救世主(ジーナ)を信仰。インドでの信者の割合は約0.5%。不殺生・菜食主義の厳しい戒律を守る。
仏教
紀元前5世紀、北インドでゴータマ・シッダールタにより成立。紀元前3世紀にアショカ王が保護し教えを広めたが、後にヒンドゥー教に吸収された。20世紀、アンベードカル博士が仏教復興運動を始め、西部マハラシュトラ州を中心に約800万人がヒンドゥー教から改宗。
シク教
16世紀頃、グル・ナーナクによりインド北部のパンジャーブ地方で成立。19世紀には一時的に王国を創立。インドでの信者の割合は約2%。
男性はターバンを巻き、ひげを生やす。
チベット仏教
8世紀頃、パドマ・サンババがチベットに密教を伝え成立。4つの宗派に分かれ、弥勒菩薩や阿弥陀如来を祀る。インドではダラムサラ(チベット亡命政府)やシッキム州、ラダック地方のチベット系の人々が信仰。