無理難題 大歓迎 専門店が答えます。
ツアーからのアレンジも自由自在!あなたの、わがままかなえます。

◎ラグジュアリーホテルに連泊◎● 豪華絢爛インドの旅 8日間(東京・大阪・各都市発)

湖に浮かぶレイクパレス、ランバーグパレスなど憧れの宮殿ホテルにご宿泊

出発地
東京・大坂・各都市
旅行代金
418,000円~512,000円
旅行日数
6泊8日
観光地
北】ウダイプール(城下町), 【北】アグラ(タージマハール), 【北】ジャイプール(城下町), 【北】デリー(近代都市),

ツアーのポイント

(^^)b「マハラジャ気分でインドを満喫したい!無理のない行程で旅行をしたい」という方におすすめ☆
(^^)b 東京へのJAL便が就航する全国の空港から追加料金にて出発可
(^^)b無理のないゆったりした日程で、優雅なインドをご堪能いただけます。
 

【ツアー概要】
インド最高級の≪2つの宮殿ホテル≫で2泊ずつ過ごす贅沢プランです。まず訪れるのは、ムガル帝国の都アグラに残る≪美しい白亜の霊廟タージマハル{世界遺産}≫と≪赤い要塞アグラ城{世界遺産}≫。そこから陸路で西へ向かい、砂漠の州ラジャスタンへ。≪“ピンクシティ”ジャイプール≫、≪イスラム教スーフィーの聖地アジメール≫、≪湖が美しいウダイプール≫の3つのオアシス都市を巡ります。きらびやかなマハラジャの宮殿や城塞を訪れ、勇敢なラージプート諸族が残した美術品の数々を鑑賞し、異国情緒たっぷりの城下町を散策します。最終日は≪人口12億人を擁する大国の首都デリー≫でエネルギッシュな雰囲気に圧倒されるでしょう。「ランバーグパレス(ジャイプール)」と、マハラジャの避暑地としてピチョラー湖の中に建てられた18世紀の宮殿「レイクパレス」でそれぞれ2連泊し、リッチで充実した時間をお過しください。ハネムーンや、銀婚式や金婚式の記念の旅にもぴったりです。『いつかインドに行ってみたいな~』なんてふと口にしていたご両親やご祖父母さまへのプレゼントとしても喜ばれそうです。インドへの旅は、一生の思い出になります☆

旅行の季節

  • 気候を重視するなら日本の春秋のように最も過ごしやすい10月、11月、2月、3月がおすすめです。
  • 12月~1月は北インドの冬(最低気温5℃前後)です。日本より寒さはマイルドですが、年末年始の旅には防寒準備を。
  • 旅費を低く抑えるには4~9月の旅へ。オフシーズンの割引率が高いデラックスホテル利用がお得です。
  • 8月のお盆・夏休み旅行には傘のご準備を。時折降るスコールの後は気温が下がり過ごし易くなります。
  • GWの時期、北インドは高温で低湿度の夏。日傘や帽子で日よけ対策をすれば快適に過ごせます。

ツアー日程

 

日程 発着地 時刻 スケジュール
1 各地空港   飛行機出発2時間前、空港へご集合ください。
各都市発 午前 国際線にてデリー
デリー空港着 夕刻 到着後、現地係員とミーティング。
専用車にてホテルへ。
ホテル:基本=ヴィヴァンタ・バイ・タージ(L)等】機内食夕食
2 デリー発 午前 専用車にて、アグラへ。(所要3.5時間)
アグラ着   到着後、アグラ市内観光。【入場】◎霊廟 タージマハール{世界遺産}、◎ムガル帝国の居城 アグラ城{世界遺産}
アグラ発 午後 ラジャスタン州の州都ジャイプールへ。
途中、◎ムガル第3代皇帝により造営後わずか14年で廃絶した都跡ファテプールシクリの遺跡{世界遺産}を入場観光。
ジャイプール着   到着後、宮殿ホテルへ。

ホテル:宿泊地 ジャイプール泊 宮殿ホテル【ランバーグパレス(L)指定】 <ジャイプール泊>朝食昼食夕食

3   午前 ◎1727年サワイ・ジャイシン2世が市中宮殿に遷都するまで歴代マハラジャの居住 アンベール城を{世界遺産}を入場観光。
※丘の上の城までは、ジープまたは象のタクシーで。
ジャイプール 午後 ジャイプール市内観光。
【入場】◎サワイ・ジャイシン2世がアンベールから遷都し1947年のマハラジャ制度廃止までこの地の藩王が居住した 市中宮殿(シティ・パレス)◎天文学者でもあるサワイ・ジャイシン2世建造天文観測所ジャンタルマンタル{世界遺産}◎外部との接触を制限された宮廷内の女性が格子越しに町を眺めた 風の宮殿(外観)
    宮殿ホテルへ。

ホテル:宿泊地 ジャイプール泊 宮殿ホテル【ランバーグパレス(L)指定】 <ジャイプール泊>朝食昼食夕食

4 ジャイプール 午前 専用車にてアジメールへ。(約2時間)
アジメール着 午後 到着後、アジメール市内観光。
  午後 昼食後ウダイプールへ。(約4.5時間)
ウダイプール着 夕刻 到着後、湖に浮かぶ美しいレイクパレスホテルへ。
ホテル:宮殿ホテル=レイクパレスホテル<ウダイプール泊>朝食昼食夕食
5 ウダイプール 午前 自由行動、宮殿ホテルにてゆっくりお過ごし下さい。
  午後 ウダイプール市内観光へ。【入場】◎サヘーリヨンギバーリ庭園◎シティパレス◎クリスタル・ギャラリー◎ジャグディーシュ寺院
    湖に浮かぶ美しいレイクパレスホテルへ。
ホテル:宮殿ホテル=レイクパレスホテル<ウダイプール泊>朝食昼食夕食
6   午前 出発まで、ホテルでお過ごしください。
ウダイプール発 午後 国内線にてデリーへ
デリー着 夕刻 到着後ホテルへ
ホテル:基本=リーラパレス(L)等<デリー泊>朝食昼食夕食
7   終日 デリー市内観光へ。
【入場】
◎勝利の記念碑 クトゥブミナール(世界遺産)
◎ムガル皇帝の墳墓 フマユーン廟(世界遺産)
【下車】庶民のバザール サロジニナガル・マーケット
市内レストランにて夕食後、空港へ。
デリー 午後 到着後、デリー市内観光。
【入場】
◎勝利の記念碑 クトゥブミナール(世界遺産)
◎ムガル皇帝の墳墓 フマユーン廟(世界遺産)
【下車】庶民のバザール サロジニナガル・マーケット

★市内観光の内容を変更できます。
 【オプショナルツアー(要追加料金)一覧】より
 お選びください。

デリー空港 国際線にて各都市へ。
※現地係員によるご案内は空港入口手前で終了します。
※搭乗手続きはお客様ご自身で行ってください。
<機内泊>朝食昼食夕食機内食
8 各都市 午前 帰着。
機内食

出発日と料金

東京発 エアーインディア利用 ※月、水、土、日発

2019/11/1~2019/12/13,2020/1/1~3/31
418,000円
2019/12/14~26、30
426,000円
2019/12/27
436,000円
2019/12/28
476,000円

東京発 日本航空利用利用 ※月、火、水、金発のみ

2019/10/1~2019/12/15の月曜
462,000円
2019/10/1~2019/12/15の火、水曜
448,000円
2019/10/1~2019/12/15の金曜
458,000円
2019/12/16
472,000円
2019/12/17、18、2020/1/1
468,000円
2019/12/20、2020/1/3
478,000円
2019/12/23、27、30
512,000円
2019/12/24、25、31
498,000円
2020/1/4~3/15の月曜
465,000円
2020/1/4~3/15の火曜・水曜
448,000円
2020/1/4~3/15の金曜
462,000円
2020/3/16~3/31の月曜
472,000円
2020/3/16~3/31の火曜・水曜
458,000円
2020/3/16~3/31の金曜
468,000円

大阪発 キャセイパシフィック利用

2019/9/20~2019/9/30
近日発表
2019/10/1~2019/10/31
近日発表

備考

  • 大阪・東京発以外はお問合せください。より割安になるように、全日空、日本航空などでご提案させていただきます。
  • プレミアムエコノミークラス、ビジネスクラスをご希望の方はお問い合わせください。
  • 別途TAX,燃油サーチャージを頂戴致します。(TAX,燃油サーチャージ=約22,000円※2019/9月時点 ※今後変動有り)
  • 掲載の料金は2名1室利用時の大人1人当りの旅行代金です。
  • 航空会社により各種割引がある場合がありますので、その都度ご案内いたします。
  • 国際線ビジネスクラスご利用追加代金:お問合せ下さい。
    ※国内線はエコノミークラスとなります。
    ※座席数が少なく、お席を確保できない場合もあります。(空席状況はご予約時にお知らせします)
  • ビザ申請代行料【印紙代1,550円+通常手数料6,450円】、海外旅行保険料は任意です。
  • 一部観光地では、カメラ・ビデオカメラの持ち込み料が必要です。 現地払いをお願いします。
  • 昼・夕食時の飲み物代は、旅行代金に含みません。現地払いをお願いします。(ご参考:現地産ビール大瓶1本あたり約500円~)
  • ホテルのスタッフ・ウェイター・現地係員・ドライバーへのチップは旅行代金に含みません。欧米のように強制ではありませんが、質の良いサービスを受けた場合に渡すのが習慣です。おこづかいや飲み物代の他に、チップも旅のご予算としてお考えください。
  • クリスマス(12/24,25)や大晦日(12/31)に宿泊する際、「ガラディナー代」が旅行代金の他に別途必要です。お一人様 1泊あたり3,000~7,000ルピー(約6,000~14,000円)の追加となりますが、金額はホテルによって異なるため、手配確定後にご案内申し上げます。
    ※国によってはホテル主宰の特別なディナーやショーが催される場合がありますがインドでは何のイベントもなく通常通りの夕食メニューとなりますのでご了承ください。
  • 旅行代金の他、空港税・燃油サーチャージが別途必要です。
    燃油サーチャージ・空港税一覧はこちら

旅行条件

最少催行人数
1人
添乗員
同行しません
現地係員
あり
お食事回数
朝食6回/昼食6回/夕食6回
備考
  • インド到着後~出発までを日本語を話すインド人のエスコートが随行し観光地をご案内します。
  • 基本プランは中級クラスのホテル、DLXプランは上級クラスのホテルをご利用いただきます。※ホテルの指定はお受けできません。
  • インド渡航にはビザ(入国査証)が必要です。大阪・東京のビザ申請センターで事前に申請する場合、取得まで4日~2週間かかりますので時間に十分なゆとりを持ってお手続きください。※取得手続きの代行も承ります(有料)。なお2016年3月1日より、日本国籍をお持ちの方に限り、デリー空港到着時のアライバルビザ取得が可能となりました。(パスポートの有効残存期間が6ヶ月以上のパスポートが必要/現地払いビザ代:約4,000円)
  • 日程表記載の予定ホテルが満室等の場合、同等グレードのホテルをお手配いたします。( )内は当社独自のグレード基準です。高い順からL→S→A→B→Cと分類しています。
    利用ホテル名・ホテルグレード一覧はこちら

インフォメーション

ご案内

  • 複数のホテルプランへのお申込があった場合、ホテル出発・到着時刻が異なる場合がございます。
  • 掲載の旅行代金は基本ホテルプランです。デラックス(DLX)ホテルプランは追加料金が必要です。詳細はお問い合わせください。

注意事項

  • 北部インドでは、冬期(特に12月~1月)、濃霧発生のため交通機関の運行が大幅に乱れ、日程に影響が生じる場合があります。
  • 北部・東部インドでは、夏期(特に7月~8月)、豪雨のため交通機関の運行が大幅に乱れ、日程に影響が生じる場合があります。
  • 詳しい旅行条件を事前にご確認の上、お申込ください。
    海外募集型企画旅行ご旅行条件はこちら

ご予約・お問い合わせ

アショカツアーズ(株式会社ビーエス観光)

電話番号
東京:03-3502-4022
大阪:06-6444-2225
フリーダイヤル
東京:0120-4022-15
大阪:0120-1029-34
営業時間
月曜~金曜 9:30~18:00
お電話でご予約承ります
休日
土曜・日曜・祝日
旅行業務取扱管理者
東京:水野剛
大阪:福田宅光
旅行企画・実施
株式会社ビーエス観光 アショカツアーズ

メールでのお問い合わせはこちら