このページの先頭です
ここから本文です
  1. トップ
  2. アショカツアーズ流インドの歩き方

アショカツアーズ流インドの歩き方

インド・ネパール観光名所の記事一覧

ラジギール(王舎城) 酔象調伏の地

2015年01月12日 10:00

ラジギールに、お釈迦様と敵対するディーバダッタという人物が居ました。彼は仏教教団からお釈迦様を引退させ、自らをその後継者にするよう強要したり、中道の考え方を否定し、出家者は極端に厳しい生活をするよう迫ったりしました。そしてある時、発情したアジャンタシャトル所有の象に酒をのませて暴れさせ、お釈迦様の殺害しようとしました。酔った象は街中で暴れ、多くの人達を傷つけましたが、お釈迦様の前まで来るとおとなしくなり、ついには礼拝をしました。



具体的な遺跡は残っていませんが、ガンダーラ彫刻などにこの場面を刻んだ作品が残ります。


-------------------


お釈迦様は、悟りをひらかれた35歳から涅槃に入られるまでの45年間、今日のビハール州とUP州にまたがる地域を、法を説いて遊行されました。


この地域一体は、ガンジス河によって形成された、ほとんど標高差のない地形(ヒンダスタン大平原)ですが、突如現れた5つの山に囲まれた盆地の中にあるラジギールは、国防上とても好都合でした。ここに首都を置き、当時としては先進的であった製鉄産業と豊かな農業生産により、繁栄を極めていたのが古代インド十六大国の1つ「マガダ国」でした。国王ビンビサーラ(BC542~491?)は、お釈迦様に深く帰依され、布教活動の保護をしたため、ラジギールには多くの仏教遺跡が残ります。


-------------------


●城壁



ラジギールからブダガヤに向かう途中、王舎城を取り囲み、山の稜線に沿い連なる城壁が見られます。平均5メートルの厚さの壁が、総延長41キロメートル、というスケールの大きさで、2500年前、現在のラジギールからは想像もつかないほどの大国があったことがうかがい知れます。


 


●戦車の轍(わだち)跡



マガダ国一帯からは、鉄鉱石が多く産出され、相当に高レベルの鉄器生産が行われ、繁栄の原動力となっていました。当時、鉄の車輪をもつ車が何度も往来したのでしょう、城壁の付近に「戦車の轍跡」の遺跡が残ります。岩盤の上に幅1メートル強の間隔で深さ30センチ前後の2条の溝が延々と刻まれ、軍事的に緊張をしていたことが想像されます。


 


ラジギールでのご宿泊


●法華ホテル


1984年、日本の「法華クラブ」とエア・インディア航空が、日本からの仏跡巡拝者のため共同出資し開業させました。




仏跡地の中では老舗のホテルの1つですが、現在はインパック社により運営され、手入れも比較的行き届きます。客室の一部は和室で、畳の上に日本式布団を敷いてご休憩いただけます。



2008年には新館が開業し、客室数は44部屋となりました。



日本人宿泊客の多い日には大浴場が営業し、お食事は、インドでも特に僻地のラジギールに居ることを忘れさせる、美味な日本食が提供されます。



数珠などのお土産物も豊富です。



日本からのお客様向けに大浴場もあります。



 


<<< ラジギールを訪れるツアーはこちら >>>

竹林精舎 仏教史上最古の寺院

2015年01月11日 10:00


あるときマガダ国のビンビサーラ王は、悟りを開く前のお釈迦様とラジギールで出会い、『皆あの者を見よ。美しく堂々としており、歩き方も申し分ない。いやしからぬ思想の持ち主にちがいない。』と言われ、使いを出し居場所を確認させました。使いから『大王様、あの修行者は山中の洞窟で虎のように座っておりました。』との報告を受け、その洞窟に出かけ『あなたは若くて前途がある。この国の軍事指揮官になれば、地位と財産をあげよう』と申し出ます。これに対しお釈迦様は、『私は釈迦族の王だ。どうしてそのような物が必要であろうか』と述べられ、修行のため立ち去られました。その時ビンビサーラ王は、『悟りをひらいた暁には、再び王舎城を訪れられること』、そして『お釈迦様に仕えること』、『釈迦様の説法を授かること』、そして『その内容を理解できること』、の4つを念願されました。


やがて月日が過ぎ、お悟りを得たお釈迦様は、王舎城を訪問しビンビサーラ王に法を説かれました。感激した王は、竹林園をお釈迦様に寄進し、そこにお釈迦様の教えに傾倒したカランダ長者が精舎を建立し、お釈迦様と弟子達が滞在するようになりました。


-------------------



これが「竹林精舎」、仏教史上最初の寺院ということになります。現在は、近年復元された小さな精舎とカランダの池が、整備された竹林の中にあります。



大唐西域記の中で、『お釈迦様がしばしば、そのほとりで法を説いた』と記された「カランダの池」は、植民地時代のカニンガムらによる発掘調査では確認できなかった竹林精舎の位置を示す大きな手がかりとなりました。



独立後、インド政府考古局の調査により、この池が発掘され、竹林精舎がこの地にあったことが確認されました。


 


<<< 竹林精舎を訪れるツアーはこちら >>>

ビンビサーラ王の牢獄

2015年01月10日 10:00

ビンビサーラ王と妻イダイケ夫人の間には、なかなか王子が産まれませんでした。ある時ビンビサーラ王が王子出生について、バラモンに占ってもらったところ『山中に1人の仙人が修行をしており、この仙人が死んだ時、仙人の生前の功徳で、ビンビサーラ王に王子が産まれるだろう』といわれました。それから月日が経過しますが、この仙人が死亡する気配など全くありませんでした。そこでビンビサーラ王は刺客を送り、この仙人を殺害してしまいます。


その後間もなく占いのとおり、イダイケ夫人は身ごもりしました。そこでもう一度バラモンに占ってもらったところ『非業の死をとげた仙人はあなたの事を怨んでいる。その子は仙人の怨念で親を殺すような人物になるであろう』と断言され、堕胎を進めました。ビンビサーラ王はこの事をお釈迦様に相談したところ、生命の尊さを説かれ堕胎する事は禁じられました。こうして産まれたのが、アジャンタシャトル(アジャセ王)です。


 


アジャンタシャトルは王子として、何ひとつ不自由のない生活を送り成人します。ところがある時、お釈迦様と敵対するディーバダッタという人物に、その出生の秘密を聞かされます。そしてその事実に怒り、父であるビンビサーラ王を牢獄に幽閉し、食事を提供する事も禁じてしまいました。ところが、ビンビサーラ王は3週間経過しても死亡する事はありませんでした。これはイダイケ夫人が体にバターを塗り王と面会し王に提供していたためでした。この事に気づいたアジャンタシャトルは、イダイケ夫人の面会も禁じ、その7日後ビンビサーラ王はこの世を去りました。


-------------------


仏教に帰依し、竹林精舎の寄進など、お釈迦様の布教活動に多大な支援をしたビンビサーラ王ですが、その最後は、一人息子であるアジャンタシャトル(アジャセ王)により牢獄に監禁され、食物を与えられず、飢えて最後をむかえるという、残酷なものでした。この事態に嘆き悲しむイダイケ夫人に説かれたのが「観無量寿経」です。


 


●悲劇の舞台 ビンビサーラ王の牢獄




当時は7重の壁で囲まれた堅個な牢獄だったと伝えられていますが、今日は1辺およそ70メートルの石塁のみが残ります。霊鷲山の麓から竹林精舎に向かう途中に位置します。


 


●アジャセ王のストゥーパ


ビンビサーラ王を監禁し、死に至らしめた王子アジャンタシャトルも、後にお釈迦様に会い、仏教に帰依します。



竹林精舎の前の広場に、崩壊したストゥーパが残ります。お釈迦様入滅後、8国に舎利が分配された際、マガダ国が持ち帰った舎利を収めるために、アジャンタシャトルが建立した仏塔といわれます。



しかし、玄奘三蔵の大唐西域記には、『このストゥーパはアショカ王によって建立されたもので、近くにアショカ王柱があり、その柱頭部には象の彫刻が載せられていた』と記されています。残念ながら、このアショカ王柱は発見されていません。


 


<<< ビンビサーラ王の牢獄を訪れるツアーはこちら >>>

マンゴー園 名医ジーヴァカが寄進

2015年01月09日 10:00

マガダ国にジーヴァカ(祇婆)という人物がいました。売春婦の捨て子として産まれましたが、才能を見出されビンビサーラ王に養われ、当時の最高学府タキシラ大学(パキスタン・イスラマバード郊外)で医学を学び、名医となりました。その後、お釈迦様をはじめ多くの人々の治療行い、マガダ国の保健大臣にまで昇進しました。


-------------


当時からカーストによる差別はあり、被差別民の出であったジーヴァカは差別のない治療を積極的に行おうとしますが、それには限界がありました。そこで、身分による差別のない医療機関を設立しました。これが「ジーバカのマンゴ園」と呼ばれる、2500年前の医療施設です。


 


現在は、ビンビサーラ王の牢獄と同様、石塁が残るのみですが、発掘調査の結果、当時の医療器具や手術用具と思われる遺物が出土し、ここに医療機関があった事が立証されています。霊鷲山の登山口(駐車場)のすぐ近くに位置します。肥沃な土地を持つインドは、マンゴーの栽培が盛んです。



4月下旬~6月が収穫期ですので、この期間中にインドへお出かけの際は、ぜひ、現地のフレッシュなマンゴーを食べてみてください♪


 


<<< ジーヴァカのマンゴー園を訪れるツアーはこちら >>>

舎衛城(マヘト) コーサラ国の都

2015年01月08日 11:00

ジャイナ教を信仰していたコーサラ国のプラセナジト王は、祇園精舎にお釈迦様が訪れるようになると仏教を信仰し改宗しました。それ以降、ジャイナ教徒はお釈迦様への中傷を激化し、神通力を披露するよう迫りました。お釈迦様は舎衛城でこれに応え、一度に1,000の姿になったり(千仏化現)、足元から水・頭から炎を出したり(双神変)、マンゴの種を1日で大木にしてみたり、などされました。


祇園精舎近くの舎衛城(マヘト)は、外道であるジャイナ教の修行者とお釈迦様が神通力を競った、「舎衛城の奇跡」の舞台です。そしてもう一つ、「殺人鬼アングリマーラ」の逸話も残されています。


タキシラに留学経験もある秀才のアングリマーラは、舎衛城で師匠のバラモンに仕えていました。師匠の妻にもかわいがられましたが、その関係を怪しまれ、追放されてしまいます。行くところのないアングリマーラは、悪いバラモンに『100人を殺し、切断した指を糸でつなぎネックレッスにする』ようそそのかされました。そして、99人を殺害し、100人目の殺害を謀ります。その時、そこを通りかかったのがお釈迦様でした。「動くな」と言ったアングリマーラに、お釈迦様は「私は止まっている。動いているのはお前だ」と一言い言ったところ、その途端アングリマーラはひれ伏し、刃物を捨てお釈迦様に救いを求めました。プラセナジト王は、軍隊を出してこの殺人鬼を成敗しようとしましたが、アングリマーラはお釈迦様の弟子となっていたため、命だけは助けられました。遺族から、石をぶつけられたり、なぐられたりしましたが、お釈迦様は、アングリマーラに「ただただ、耐えるように」と説かれました。


-------------------


●コーサラ国の都跡 未発掘の遺跡群


古代北インドにあった16の国(十六大国)の中で、最も勢力が強いのがコーサラ国でした。もともとはアヨーディアに置いていた都を、お釈迦様の時代には舎衛城に移していました。



5世紀初めにこの地を訪れた法顕は、プラセナジト王の宮殿が残っていたことを記していますが、広大なエリアにわたる遺跡のほとんどは発掘されておらず、荒地のような状態のまま残され、子供達の遊び場となっています。


 


●殺人鬼アングリマーラのストゥーパ



城入口の近くに“パッキクティ”と呼ばれる、ストゥ-パがあります。1世紀頃建造が開始され、その後何度かの拡張が行われたため不規則な形をしています。法顕や玄奘は、舎衛城で起きた事件の説話から「アングリマーラのストゥ-パ」と紹介しています。


 


●京都祇園祭に縁の深い 牛頭天王の祠


祇園精舎と舎衛城の中間に、牛頭天王を祀る祠があります。



「牛頭天王」とは、天然痘など疫病を防ぐ、仏教以前の時代からの土着神です。


645年、舎衛城出身の法道仙人は、播磨の国にその分身を持ち込み、広峰神社(姫路市)に奉り、人々の治療に専念しました。その後、名声が京都に伝わり、牛頭天王は京都祇園の八坂神社に奉られる事になりました。そして同時に日本に伝わった「ラータ(インドの祭りで使われる古代の戦車)」は、現在、京都の夏の風物詩となっている祇園祭・山鉾巡行の「山車」となりました。


 


<<< 舎衛城を訪れるツアーはこちら >>>