このページの先頭です
ここから本文です
  1. トップ
  2. アショカツアーズ流インドの歩き方

アショカツアーズ流インドの歩き方

[服装]インド北部・ネパール

2014年11月11日 10:47

デリー・ベナレス・アグラ・ジャイプール・カジュラホ・リシケシ・コルカタ・仏跡地・カトマンズ・ポカラなどへのご旅行の方はこちらをご参考にしてください。


いずれの時期も、薄手のダウンジャケットやフリースの膝掛け一枚あると、飛行機内やホテルで肌寒く感じる時に重宝します。


 


■12月・1月・2月上旬


【冬服】



南国のイメージのインドですが、雪が降るほどに冷え込むことがありますので、セーターや厚手の上着、使い捨てカイロなどをご準備ください。朝晩は気温が下がり、特に早朝のガンジス河観光の際は、川風でとても寒くなります。また濃い霧が出た日は日光が届かず、日中でも気温が上がりません。なお雨は少ないですが、念のため折り畳み傘もお持ちください。


 


■2月下旬・11月


【初夏・秋向けの合い服】



季節の変り目で朝夕は冷えますが、日中は涼しく過ごしやすい時期です。長袖のシャツとカーディガンなど、初夏や秋のような合服が適当です。天気によって暑い日・寒い日があるため、重ね着して調節できる服装がおすすめです。雨は少ないですが、折り畳み傘は念のためお持ちください。


※仏跡地・山岳地やネパールは、天気によっては気温が下がるため、セーターもご準備ください。


 


■3月・4月・5月・6月


【夏服+防寒服】



暑い時期ですが、サウナ状態の日本と異なり湿度は低く、対策さえすればそれなりに快適です。基本的に夏服で過ごせますが、室内は冷房を効かせすぎていることが多く、また雨が降った後は気温が下がり涼しく感じることがありますので、羽織りもの(ショールやカーディガン)は必ずご準備ください。日中の陽射しが強く、屋外での観光の際は 帽子・日傘・サングラス日焼け止めなどが必要です。汗拭き用のハンドタオル、扇子やうちわなど、暑くても快適に過ごせるものをお持ちください。服装は、半袖でも差し支えありませんが、日焼けを気にする方は長袖がおすすめです。


★ネパールは6月頃が雨季のため、必ず折り畳み傘や合羽などの雨具をご用意ください。


 


■7月・8月・9月上旬


【夏服+防寒服+雨具】



3~6月と同様に基本的には暑い時期で、夏服が適当です。インドは7月頃から雨季のため、必ず折り畳み傘や合羽などの雨具をご用意ください。しとしと降る日本の雨とは違い、インドは「スコール」のように短時間に多量の雨が降ることが多いです。シャワーのようなスコールのあとは空気が少しひんやりして、気持ちよく過ごせる気温になります。


 


■9月下旬・10月


【春・秋向けの合い服+雨具】



季節の変り目で朝夕は冷えますが、暑さが和らぎ過ごしやすい時期です。長袖のシャツとカーディガンなど、春や秋のような合服が適当です。天気によって暑い日・寒い日があるため、重ね着して調節できる服装がおすすめです。雨季の続きで雨が降ることもありますので、必ず折り畳み傘や合羽などの雨具をご用意ください。

[気候]各地のお天気・気温

2014年11月11日 10:29

現地係員とは

2014年11月11日 10:22


“現地係員”ってなに?


“エスコート”ってなに?


“ガイド”とは違うの?


こんなご質問をよくいただきます。


 


■現地係員とは


インド・ネパール・スリランカ・ブータンなど渡航先の国で、お客様をお迎えする係員のことです。「添乗員」とは違い、日本からの同行はいたしません。「現地係員同行」が条件のツアーでは、日本を出発して渡航先に到着するまでは、お客様のみで行動していただくことになります。


 


■現地係員は2タイプ


アショカツアーズがご提供するツアーには、「観光案内を含む、フルパッケージ型のツアー」と、「観光案内は含まないスケルトン型のツアー」の2タイプがあります。これに合わせて、現地係員のタイプも2つに分かれます。


●ツアーに同行してご一緒に旅をする現地係員・・・「スルー・エスコート」


 観光案内を含む、フルパッケージ型のツアーを担当します。


 >>スルー・エスコートがご案内するツアー(フルパッケージ)はこちら


 


●都市ごとに単発で送迎サポートを行う現地係員・・・「スポット・エスコート」


 観光案内は含まないスケルトン型のツアーを担当します。


 >>スポット・エスコートがご案内するツアー(スケルトンタイプ)はこちら


 


■ご注意


インドでの事件のニュースなどでよく耳にする「ガイドと名乗る人物」「自称ガイド」は、正当なガイド(※)では決してなく、旅行者をカモにしようとする危険な詐欺師です。当社より手配する、身元が確かで教育・訓練を受けた現地係員(エスコート、ガイド)とは、全くの別物です。


「日本語を勉強している学生だから練習相手になって」「この地に詳しいから案内してあげる」「普通はいけないところも自分なら顔が利くから入れるよ」などと声をかけられたら、間違いなくあなたを騙し傷つける人物だと思って、決して関わらないでください。関わらない限りは危険な目にあうことはありませんので、毅然とした態度で「NO」と言うか、完全に無視してください。しばらく付きまとった後、あきらめて別のターゲットを探しに行くでしょう。(※インドでは観光ガイドをするには免許が必要です。有資格者は、観光組合へ登録しており免許証を携帯しています。)

スルー・エスコート

2014年11月11日 10:21

「スルー・エスコート」は、ツアーに同行してお客様と一緒に旅をする現地係員です。観光案内を含む、フルパッケージ型のツアーを担当します。


 


■言語


日本語を話します。


 


■エスコートサービスの開始


国際空港を出たところから、エスコートによるご案内サービスが始まります。


国際線で現地に到着後、入国手続き・機内預け荷物の引き取り・税関を経て出口に進み、到着する人々を迎えるための「ミーティング・ポイント」へお越しください。


目印となるよう、事前にお渡しする「ツアーバッジ」を上半身にご着用いただくと、エスコートの方からお客様を見つけ、「○○さ~ん!こちらです」と声をおかけします。エスコートにとっては、現地の人々の中に日本人の顔を見つけるのは容易ですし、慣れていますので、安心しておまかせください。


夜の到着便がほとんどなので、初日は簡単なご注意事項だけお話させていただきます。翌朝、同じエスコートがホテルにお迎えにあがり、ツアーが本格的にスタートします。


 


■エスコートサービスの内容


ツアー行程表に沿って各都市を一緒に巡り、観光地の説明をいたします。都市間移動の際は、お客様と同じ航空便・列車に同乗し、速やかにツアーが遂行できるよう、当日の交通状況に合わせて観光地を周る順番や時間配分を調整します。


一日の観光を終え、お客様をホテルまでお送りしたあとは、お客様とは別の宿泊施設に泊まります。(デリーでは自宅に帰ります。)


 


■エスコートサービスの終了


現地での最終日、国際空港のターミナル入口までお見送りしてサービスは終了します。エスコートは空港ビル内に入れませんので、搭乗手続きは、お客様ご自身にて行っていただきます。

スポット・エスコート

2014年11月11日 10:20

「スポット・エスコート」は、都市ごとに単発で送迎サポートを行う係員で、主に『観光案内は含まないスケルトン型のツアー』を担当いたします。また、日帰り/終日/半日のオプショナルツアーで、市内観光のご案内をさせていただくこともあります。


 


■言語


デリーでの送迎やデリー市内観光、デリー発着の日帰りツアー(アグラなど)では日本語を話しますが、デリー以外の都市では、日本語は話せず英語対応となります。ご旅行中、送迎時間の確認などの簡単な会話をしていただきます。


 


■ミーティング(待ち合わせ)場所


係員への目印となるよう、事前にお渡しする「ツアーバッジ」を上半身にご着用になり、各待ち合わせ場所へお越しください。


●空港・・・ターミナルビルの出口付近


エスコートは空港ビル内に入れませんので、機内預け荷物を引き取った後の出口付近でお待ちしています。


 


●鉄道駅…プラットフォーム上


日本のような改札口はなく、プラットフォームで降車され場所がミーティング場所となります。エスコートは、お客様の指定席の車両番号から降車場所を予測しその近くでお待ちしますが、予想とは離れた位置に停車することもありますので、お客様を見つけて声をおかけするまで少しお時間をいただく場合があります。多くの人々で混雑する駅では、お客様が構内を移動されますとお探しするのが難しくなりますので、降車された場所でしばらくの間お待ちください。


 


●ホテル・・・ロビー


集合時刻までにチェックアウトをお済ませください。


 


■専任エスコートの見分け方


空港のミーティングポイントには、到着する人々を迎えに来た家族やタクシーの客引き、他社のエスコートなどがひしめき合っています。


「初めて会うエスコートをどうやって探したらよいのか」と不安に思われるかもしれませんが、エスコートの方からお客様を見つけ、「○○さん!こちらですよ」「ミスター○○!ナマステ!」などと声をおかけしますので、安心しておまかせください。エスコートの方は慣れていますし、彼らにとって現地の人々の中に日本人の顔を見つけるのは容易です。万一、待ち合わせがうまくいかない場合、事前にお知らせする現地連絡先までご一報ください。


 


★日本でお使いの携帯電話の多くが、海外でも使用できるように設定できます。


通話料が高額になるので、国内にいるときのように頻繁には使えませんが、“万が一の緊急用”に、日本出発前に設定を済ませておくと安心です。携帯電話の会社や機種により、設定方法や国際電話の掛け方が異なります。詳細は、ご契約の携帯電話会社にお尋ねください。


 > NTT DOCOMO 海外でつかう・海外へかける


 > KDDI AU  海外・国際サービス


 > SoftBank 海外で使う