このページの先頭です
ここから本文です
  1. トップ
  2. アショカツアーズ流インドの歩き方

アショカツアーズ流インドの歩き方

*インドの擬音*チャムチャムって?

2015年07月09日 10:27


こどものころ、ニワトリの鳴き方が英語では、cock-a-doodle-doo クック ドゥドル ドゥ だと知り、ビックリした記憶があります。では、インドの言葉「ヒンディ語」では何というの?


…という疑問がわき、インドのガイドさんにいろいろ教えてもらいました。


 


           【日本】    【インド】
ニワトリ…     コケコッコー  クックルーク
カラス…      カァーカァー  カオカオ
山羊…       メェ~     メメメ
牛…        モォ~     バ~ン
蚊…        プ~ン     グゥングゥン
ドアをノック…   トントン     タクタク
大雨のおと…   ザーザー   チャムチャム
車のクラクション…プップー    ピーピー


 


車のクラクションが、ピーピーだなんて、そんなかわいいものじゃないですけどね。


それにしても、雨の音がチャムチャムだなんて、かわいすぎますね。大雨だって、楽しくなります♪


ちなみに、インドの女の人が歩くときも、「チャムチャム」といいます。足につけているアンクレットの音だそうです。


 


インドを旅される方は、ぜひヒンディ語にも触れてみてください。「ナマステ~」「アッチャ」など、簡単な単語を覚えるだけでも、旅がぐーんと充実しますね。


ちなみに、アショカツアーズスタッフYの個人的に好きな言葉は、


ナラムディル = やさしい


「ナラム」 やわらかい
「ディル」


やわらかな心=やさしい  …ステキな言葉です。


 


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


  上の画像は、村の小学校の壁に描かれていたものです。
  お母さん、お父さん、先生を尊敬しましょう…
  みんなで勉強しよう… というような内容です。


  アショカツアーズご利用の方は、
  「あのヒンディ語、どういう意味?」と、遠慮なくインド人ガイドに聞いてみてくださいね。


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

*インドの炭酸飲料*日本で話題のアレに似ている?

2015年06月29日 11:56

今年春、売れ行き好調のため、新発売から2日で販売休止となったという、サントリーの炭酸飲料 「レモンジーナ」、皆さんは飲まれましたか?



「土の味がする」とネットなどで話題となり、「どんな味がするのか実際に飲んでみたい」という多くの人の購買意欲を刺激したから…だとか。


遅ればれながら、アショカツアーズのスタッフもレモンジーナを飲んでみました! と言っても、「土の味」の確認ではなく、他のことを確認したかったからなのです。


それは、このレモンジーナが、インドのある炭酸飲料の味と似ていること。


レモンジーナに似ている、インドの飲料が


↓こちら↓



 



Limca リムカ と言います。


インドの田舎では、10年ほど前まで、どの店でもミネラルウォーター(お水)しか売っていませんでしたが、その後、コーラーやマンゴージュース、そして、このLimcaが登場したときには、泣くほどうれしかったのを覚えています。暑い暑いインドの夏に、ゴクゴクゴクゴクと、五臓六腑に沁みわたります。


インドでしか味わえない美味しさ、ぜひ、インドでお試しください★ 

【年内運行予定】インド最速列車「ガティマン」

2015年06月23日 10:10


鉄道大国インド、山から谷から、都会から田舎まで、「列車はつづくよどこまでも~」 


今日は、そんな列車の最新情報を☆


・・・


ガタンゴトン、ガタンゴトンとのんびり列車の多いインドで、インド人が誇る急行列車といえば、「シャタブディ・エキスプレス」です。デリーからタージマハルがあるアグラを、たった2時間で結んでいるので、タージマハルを訪れる観光客の足として、重宝されています。


↓シャタブディの車内、ゆったりしてます◎



ただ、この「シャダブティ」は、デリー発が6時と、少しばかり朝が早いので、眠い目をこすりながら行かなくてはいけませんでした…


…というお悩みも解決する、新しい列車が登場します。


新急行 ガティマン・エキスプレス(GATIMAN EXPRESS )
最速160km、デリーとアグラを、たった1時間45分で結びます。 


ガティマン… 速そうで、強そうな名前ですね。


【ガティマン スケジュール】
 デリー発  08:00 → アグラ着 09:45
 アグラ発 17:30 → デリー着 19:15


6月下旬に運行との情報もありますが、年内に運行予定のようです。


********
ちなみに、いま走っている「シャタブディ」は、インドでも珍しく、時間帯や乗車区間によって、朝食を提供してくれます。お水やチャイのサービスもあり、とってもお得感のある列車、こちらも楽しいです!


アショカツアーズのスタッフも、インドだけではく、さまざまな国の世界遺産を見てきましたが、やっぱりタージハマルは圧巻☆ ぜひぜひ、アグラへGO! タージマハルへGO!


★タージハマルを訪れるツアー★


 

*マンゴの季節*No Mango, No Life…vol. 2

2015年06月16日 15:49

1つ前の記事「マンゴの季節」が、なかなか好評のようだったので、ひきつづき「マンゴ」のことを少し。


・・・


マンゴは南インドから発生して、インド全土に広がった「国の果物」、インド人の誰もが大好きです。 (ちなみに日本は柿だそうです) 


昔から、「マンゴの木を1本植えると、10人の息子を持つのと同じ」と言われるぐらい、大切に育てられているとのこと。というのも、根、枝、葉、実のすべてが、あらゆる儀式にも欠かせないものだからです。


例えば、赤ちゃんが生まれたとき、マンゴの葉を使い、家の四方に水を振りかけて清め、瑞々しい緑の葉っぱで赤ちゃんを撫でます。「マンゴの木のようにすくすく育つように」 との思いをこめて★


結婚式では、マンゴの木を立て、指輪などのアクセサリーで小枝を飾り、地鎮祭では、祈祷師がマンゴの葉をいけた真鍮の壺を使い、儀式を進めます。


また、お葬式では、乾燥したマンゴの木で四方を囲み、その中に遺体を安置し、火葬します。


夏の暑い日には、マンゴの木の下で涼みます。マンゴの木には、空気を清浄にする効能もあるそうです。涼んでいると、目の前にマンゴがポトンと落ちてくる「おまけ」があるのも楽しみのひとつ。


祝福とご加護を与えてくれる神の木、マンゴ☆  「おいしい」だけでないんですね。


マンゴは、今日もインドの人々を見守っています◎

*マンゴの季節*mango mango mango !!!

2015年06月12日 10:52

日本は梅雨の真っただ中、アショカツアーズのある大阪も雨模様。。。とは言え、日によっては30度にもなったり、肌寒かったり。 体調を崩しやすい気候ですが、皆さま、いかがお過ごしですか?


インドは、暑~い暑~い暑~い日が続いています。インドは、3月ごろから気温がグングン上がり、5月ぐらいがピーク! 地域によっては、40度を超え、まさに酷暑期★


6月にはモンスーン期に入り、インドの人は「暑さが和らいでくる」と言いますが、暑いことには変わらず。特に冷房慣れした日本人には、自然の厳しさをガンガン感じます…


そんな中、この季節じゃないと味わえないインドの醍醐味と言えば、マンゴ~~~◎


インドは、日本のように、1年中、いろいろな野菜や果物を楽しめるわけではないので、季節モノは旬でしか味わえません。


 


↓店頭はマンゴ山積み



↓マンゴの木には、マンゴがわっさわっさ



↓マンゴが、ブラーン、ブラーン



気になるお値段は...  地域や時期によって変わりますが、マンゴ1㎏、6~7個で約30~50ルピー=65~110円ぐらいなので、1個20円ぐらいです。 まぁ、お安いw


アショカツアーズスタッフも、暑い暑い季節にインドに行くときは、1日の最後に、「今日も1日おつかれさまマンゴ」を堪能していましたよ。日本の高級マンゴとは違い、このお値段なら、気兼ねなく楽しめますね♪


画像がないので、わかりにくいのですが、インドの人のマンゴの食べ方もおもしろいです。マンゴの先端だけ切って、そこから、ズズズズ~と果肉をいっきに吸い出して食べるんです。小さい子どもも、ズズズズ~と食べてます。 


簡単そうに見えて、意外に難しいんです。日本人がやってみても、なぜかできない… 「マンゴ吸引力」が備わってないみたいです。


暑いインドは敬遠されがちですが、シーズンオフなので、高級ホテルもお手頃になりますし、マンゴも美味しいし、いつの季節も楽しめるインドです。