このページの先頭です
ここから本文です
  1. トップ
  2. アショカツアーズ流インドの歩き方

アショカツアーズ流インドの歩き方

◎女子旅バンザイ◎お買い物天国 ジャイサルメール

2017年04月06日 11:34

女子旅には欠かせない「ショッピング」。今日は、スタッフYのお気に入りの街“ジャイサルメール”についてご紹介します。


カラフルでおしゃれ、かつリーズナブルなものがいっぱいで、「あまりお買いものしない」とおっしゃられる方も、ついついお財布のヒモが緩みます。


------------------------------------


 


細い小道をトコトコ…



まさにインド!というカラフルな色彩の布が所狭しと壁一面に!


 


ん? ここはインド? というぐらい綺麗なディスプレイで見やすいですね!


しかも、商品に埃っぽさがない… 感激★


 


小さなノートは旅のダイアリーに◎


大きなノートは、インドの思い出の写真をスクラップするのも◎



皮のサンダルは、足に馴染みやすく、インドでも大活躍します。


 


ドアノブもかわいいですね♪


 


定番のアクセサリーも外せません。


 


これまた定番の「ごちゃごちゃ品」 から、掘り出しものを発見!


 


なぜか買ってしまう、お面…


 


疲れたら、日陰で休憩…


  


 


ジャイサルメールは、かつては王国として、ヨーロッパやエジプトに続く交易路の中継点として、栄えた街です。


今では、パキスタンへ続く道が閉ざされたことによって、インド辺境の街に過ぎないとのこと。


でも、独自の雰囲気を持つ静かな街は、それだけで充分です。


 


車で1時間以内で、砂漠にも行けるので、満点の星空も見逃せません!


ぜひぜひ、ゆっくりしてほしいと思う街です。

∮お客さまの声∮ アンケート 16

2017年03月28日 15:28

アショカツアーズでは、お客様に「おかえりなさいアンケート」のご協力をお願いしています。


ご承諾くださった方について掲載いたしますので、これから旅行される皆様のご参考になれば幸いです。


 


✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈


■ 2017年3月 インドフリーステイZ-S デリー・タージマハル・アグラ 4日間(滋賀県*Nさま*男性)


✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈


 


★日本からインドへの航空会社について


想像どおり。(エアインディア)


★国内での移動(専用車・列車など)について


想像どおり。バスの移動がきつかった。オートリキシャは快適。


★ホテルについて


想像よりよかった。スタッフの対応が丁寧。(Hotel BLue Berry)


★お食事について


カレーばっかりで飽きた。 ⇒特に美味しかった食べ物:オールドデリーで食べたプーリー。


★インド人エスコートについて


まぁまぁよかった。 日本語が通じる人だったのでトラブルが起きたとき助かりました。一方、頻繁に血らしきものを吐かれておられたので、ガイドさんの健康が気になりました。


★スケジュールについて


ちょうどよい。


★今回の旅行で気に入った所


なんやかんやでタージマハルは実際にみて「すごいなあ、きれいだなあ」と思いました。あとはタージマハルレストランのマハラジャターリーが良かったです。


★次回インドに行くなら、訪問してみたい所


バラナシ


★インド人に言いたいこと


路上にゴミを捨てすぎ!! もっと街をきれいにしましょう。


★弊社をお選びいただいたポイント


インド専門店だから。


★なんでもご自由にどうぞ


今回それなりに充実した旅になったので今度インドを旅する機会があればまた利用したいと思います。


--------------------------------------------------


【アショカツアーズスタッフより】


貴重なご意見ありがとうございます。


バスは路線バスに乗車されたのでしょうか。インドの路線バスはクーラーもなく、乗車率も高いのでとても過酷な体験をされたかと存じます。路線バスの後にリキシャーに乗ると、風が気持ちよく、天国に感じますね。小回りも効きますし、小道にも入っていけて快適です。たまに運転手さんとの料金トラブルもありますが、、、


インド人の方が「血らしきもの」を吐かれていたとのこと。恐らく「パーン(キンマ)」という嗜好品を噛んでいたのではないかと思われます。気になって調べてみたところ、パーンは、ビンロウジ(ヤシ科の木の実)を薄く切ったものを乾燥させ、スパイスやタバコと一緒にキンマの葉に包み、これを口に含み噛む嗜好品のようです。噛んでいると唾液がビンロウジの赤に染まり、吐き出すと血をはいてるようにみえます。タイでは殴られて口から血を吐くことを「キンマを吐く」と言うようで、それほど赤く染まった唾液の色が血に似ているのでしょう。おそらくガイドさんは健康だと思いますが、パーン自体あまり健康に良いものではないので、噛みすぎると本当に不健康になってしまいます。


ゴミの問題に関しましては、年々酷くなっているような気がします。人口も増え、ゴミの排出量もさらに増えていくと思いますので、今後もますます心配です。


この度はインド専門店の弊社をお選び頂きまして誠にありがとうございました。今回は4日間という短い期間でございましたが、充実した旅行になられたようで、とても嬉しく思います。広いインド、まだまだ見所がたくさんございますので、ぜひ次回は長期的にもお楽しみ頂けたらと思います。


このたびは、弊社をご利用いただき、また率直なアンケート回答をいただき、ありがとうございました。

3月21日(火) 社員総会に伴う東京本社臨時休業のお知らせ

2017年03月14日 14:41

平素よりアショカツアーズをご利用いただきましてありがとうございます。


誠に勝手ながら、3月21日(火)は社員総会のため東京営業所は臨時休業とさせていただきます。


※大阪営業所は通常営業となります。


お客様にはご不便をおかけしますが、何卒ご了承くださいますようお願い申し上げます。



※ツアーへお申込のお客様は、急ぎのご連絡(キャンセルなど)は、日程表記載の「出発当日の緊急連絡先」までお願いします。

*インドのお祭り*ホーリー

2017年02月23日 10:01


インドで最もエキサイティングなお祭り。それは・・・2~3月の満月の日に行われるホーリー♪


日本の冬のように寒いインド北部の人たちにとっては特に、この“春の到来”を祝うお祭りは『待ち遠しくてたまらない』お祭りなのです!


インドのお正月(11月)「ディワリ」が家族で静かに祝う“光”のお祭りであるのに対し、「ホーリー」は町全体でにぎやかに祝う“色彩”のお祭り。このホーリーこそ、「インドを象徴している」と言えるかもしれません。


---------------


数日前から、祭りの準備で町も人もそわそわしています。


満月の夜、広場に竹を立て、枯葉を積んで作った「ホーリカ」を燃やし・・・



その翌日が、一番のお楽しみ。


事前に大量購入しておいた、これ(色粉)を・・・・



ひたすら、かけあいます!


 


風船に水を入れてぶつけたり、大きな水鉄砲で相手を狙ったり、満杯にしたバケツの水を頭上からかけたり、顔に色粉を塗りつけたり。カースト制度の厳しいインドで、日ごろ上司に刃向かえない人も、この日ばかりは無礼講・・・★まるで、日ごろのウップンを晴らす時間です。


そしてひとしきり盛りあがったあとはに残るのは・・・


ピンクに染まった大地



ピンクに染まった父子



ピンクに染まったおばちゃんと逃げ切ったおばちゃん。



うわ~耳の中にはいっちゃった



巻き込まれた気の毒な牛さん



宇宙人?



さ、殺人現場・・・!?



カラフルに染まった平和なインドも見ものです。


---------------


誰でも一緒に楽しめるお祭りですから、観光客も中途半端に色水をかけられるぐらいなら、どっぷり相手にやり返すぐらいの全力で飛び込むのもおもしろいかもしれません。ただし・・・


■体や髪についたピンク色が数日間も落ちないので、服装にはご注意ください!(汚れてもOKなものを)


酔っ払って浮かれまくっているインド人だらけということにも、要注意です。(特に女性は)


■楽しさと比例して、トラブルに巻き込まれる可能性も大きくなるので、冷静さも失わず、ある程度で自制してください・・・(お願い!)


十分に気をつけていただければ、参加をオススメしたいお祭りです。


今年2017年のホーリーは、3月12日(満月)。そう、もうすぐインドに春がやってきます♪


 


<< 北インドを巡るフリープランなら、ホーリーを一緒に祝えるかも! >>


 


●ホーリーの日は毎年変わります●


インド暦のパールグナ月、満月の日の夜にホーリカが燃やされ、翌日が色水や色粉を掛け合うお祭りとなります。


2017年3月1日(月)
2018年3月2日(金)
2019年3月21日(火)

*スタッフ紹介*アショカツアーズ大阪 川田

2017年02月06日 12:00

初めてインドに降り立った時に感じた匂いが今でも忘れられません。それはスパイスの香りと、オートリキシャの排気ガスと、喧噪の中でひしめき合う10億の人々の汗と涙がまじりあった、インド独特の匂いです。決していい匂いではありませんでしたが、一旅行者に大冒険を予感させる、ワクワク感と希望に満ちた匂いでした。この匂いを一人でも多くの方に感じてほしい。そう思い業務に励んでおります。


■得意エリア ラダック、シッキムなどチベット密教に関わるエリア ナグプールなどの新仏教に関わるエリア シルディ村やプッタパルティなどのサイババに関するスピリチュアルスポット


■担当業務 団体旅行の企画・営業・手配、インバウンド旅行の企画・営業・手配、インドビザの代理手続き


■渡航経験 インド(デリー アグラ ジャイプール ジョドプール ベナレス ブッダガヤ クシナガラ ラージギル バイシャリ ケサリア カルカッタ ダンバード ムンバイ オーランガバード アジャンタ エローラ シルディ村 ナグプール) ネパール(カトマンズ ルンビニ) タイ(バンコク アユタヤ) ミャンマー(ヤンゴン バガン) ベトナム(ハノイ) カンボジア(シェムリアップ) マレーシア(クアラルンプール) インドネシア(バリ島) 台湾(台北 台中) 韓国(ソウル プサン 扶余 公州 慶州) 中国(広州 南寧 桂林 北京) 香港 澳門 イギリス(ロンドン)