このページの先頭です
ここから本文です
  1. トップ
  2. アショカツアーズ流インドの歩き方

アショカツアーズ流インドの歩き方

*インドのお祭り*ホーリー

2017年02月23日 10:01


インドで最もエキサイティングなお祭り。それは・・・2~3月の満月の日に行われるホーリー♪


日本の冬のように寒いインド北部の人たちにとっては特に、この“春の到来”を祝うお祭りは『待ち遠しくてたまらない』お祭りなのです!


インドのお正月(11月)「ディワリ」が家族で静かに祝う“光”のお祭りであるのに対し、「ホーリー」は町全体でにぎやかに祝う“色彩”のお祭り。このホーリーこそ、「インドを象徴している」と言えるかもしれません。


---------------


数日前から、祭りの準備で町も人もそわそわしています。


満月の夜、広場に竹を立て、枯葉を積んで作った「ホーリカ」を燃やし・・・



その翌日が、一番のお楽しみ。


事前に大量購入しておいた、これ(色粉)を・・・・



ひたすら、かけあいます!


 


風船に水を入れてぶつけたり、大きな水鉄砲で相手を狙ったり、満杯にしたバケツの水を頭上からかけたり、顔に色粉を塗りつけたり。カースト制度の厳しいインドで、日ごろ上司に刃向かえない人も、この日ばかりは無礼講・・・★まるで、日ごろのウップンを晴らす時間です。


そしてひとしきり盛りあがったあとはに残るのは・・・


ピンクに染まった大地



ピンクに染まった父子



ピンクに染まったおばちゃんと逃げ切ったおばちゃん。



うわ~耳の中にはいっちゃった



巻き込まれた気の毒な牛さん



宇宙人?



さ、殺人現場・・・!?



カラフルに染まった平和なインドも見ものです。


---------------


誰でも一緒に楽しめるお祭りですから、観光客も中途半端に色水をかけられるぐらいなら、どっぷり相手にやり返すぐらいの全力で飛び込むのもおもしろいかもしれません。ただし・・・


■体や髪についたピンク色が数日間も落ちないので、服装にはご注意ください!(汚れてもOKなものを)


酔っ払って浮かれまくっているインド人だらけということにも、要注意です。(特に女性は)


■楽しさと比例して、トラブルに巻き込まれる可能性も大きくなるので、冷静さも失わず、ある程度で自制してください・・・(お願い!)


十分に気をつけていただければ、参加をオススメしたいお祭りです。


今年2017年のホーリーは、3月12日(満月)。そう、もうすぐインドに春がやってきます♪


 


<< 北インドを巡るフリープランなら、ホーリーを一緒に祝えるかも! >>


 


●ホーリーの日は毎年変わります●


インド暦のパールグナ月、満月の日の夜にホーリカが燃やされ、翌日が色水や色粉を掛け合うお祭りとなります。


2017年3月1日(月)
2018年3月2日(金)
2019年3月21日(火)

*スタッフ紹介*アショカツアーズ大阪 川田

2017年02月06日 12:00

初めてインドに降り立った時に感じた匂いが今でも忘れられません。それはスパイスの香りと、オートリキシャの排気ガスと、喧噪の中でひしめき合う10億の人々の汗と涙がまじりあった、インド独特の匂いです。決していい匂いではありませんでしたが、一旅行者に大冒険を予感させる、ワクワク感と希望に満ちた匂いでした。この匂いを一人でも多くの方に感じてほしい。そう思い業務に励んでおります。


■得意エリア ラダック、シッキムなどチベット密教に関わるエリア ナグプールなどの新仏教に関わるエリア シルディ村やプッタパルティなどのサイババに関するスピリチュアルスポット


■担当業務 団体旅行の企画・営業・手配、インバウンド旅行の企画・営業・手配、インドビザの代理手続き


■渡航経験 インド(デリー アグラ ジャイプール ジョドプール ベナレス ブッダガヤ クシナガラ ラージギル バイシャリ ケサリア カルカッタ ダンバード ムンバイ オーランガバード アジャンタ エローラ シルディ村 ナグプール) ネパール(カトマンズ ルンビニ) タイ(バンコク アユタヤ) ミャンマー(ヤンゴン バガン) ベトナム(ハノイ) カンボジア(シェムリアップ) マレーシア(クアラルンプール) インドネシア(バリ島) 台湾(台北 台中) 韓国(ソウル プサン 扶余 公州 慶州) 中国(広州 南寧 桂林 北京) 香港 澳門 イギリス(ロンドン)


 


 

*スタッフ紹介*アショカツアーズ東京 涌井

2017年02月06日 11:44

初めてインドの地に足を踏み入れたのは今から12年前。当時は首都のデリーでも携帯電話が普及していなかったので、何かあれば〝電話屋さん〟に「TO JAPAN !」と電話をかけに行きました。その頃から比べると大都市は急速に発展し、今では日本と同じように整列乗車で地下鉄に乗っています。 でもこれは側面の1つで、 今でも田舎では土で造られた家の庭で夕食の準備をするお母さん、自転車いっぱいに銀の缶をぶら下げて走る牛乳売り、彩とりどりのサリーを着た女性が薪を頭の上にのせて目の前を過ぎ去っていく、そんなきっと昔から変わらない自然と共に毎日を生きる人たちの強い姿があります。


訪れるたびに新しい顔をみせてくれるインド。インドを知っている気になっていると〝ぎゃふん〟と言わせてくれる、そんなおもしろい国をぜひ肌で感じてください。 


■得意エリア インド全般。お客様オリジナルの旅をアレンジ致します。気軽にご相談下さい。


■担当業務 お客様からのご依頼を受けてのオーダーメイドツアーのお見積り・手配、パッケージツアーの企画・手配、海外団体旅行の企画・手配・添乗 等


■渡航経験 


インド(ダラムサラ・アムリットサール・リシケシ・ハリドワール・デリー&周辺・アグラ・カジュラホ・バラナシ・ジャイプール・ジョドプール・ジャイサルメール・ブダガヤ・サルナート・サラバスティ・パトナ・バイシャリ・クシナガラ・コルカタ・ダージリン・グワハティ・ポビトラ野生動物保護区・ムンバイ・オーランガバード・アジャンタ・エローラ・プーナ・バンガロール・プッタパルティ・チェンナイ・カンチプラム・マハバリプラム・マドゥライ・トリバンドラム・コチン・アレッピー・コインバトール 等) 


スリランカ(コロンボ&ネゴンボ・ワッドゥワ・キャンディ・シギリヤ・ダンブラ・ポロンナルワ・アヌラダプラ・ヌワラエリヤ・バンダーラウェラ=ウバ 等) 


ネパール(ルンビニ) タイ(バンコク・アユタヤ) カンボジア(シェムリアップ) インドネシア(バリ島) 


韓国(ソウル) 中国・香港(上海・福安・松渓・武夷山・桐木村・福州) 


オーストラリア(メルボルン・キャンベラ・シドニー・ノーザンテリトリー 等) 


アメリカ(NY・LA・ヨセミテ国立公園・ハワイ諸島) 


トルコ(イスタンブール・イズミール・コンヤ・カッパドキア・パムッカレ・アンカラ・ベイパザール・エレール・エスキシェヒル) 


イスラエル(エルサレム・東エルサレム) 


モロッコ(フェズ・メクネス・シェフシャウエン・マラケシュ・エッサウェラ・カサブランカ) 


スペイン(バルセロナ) イタリア(ローマ) イギリス(ロンドン) ドイツ(フランクフルト・シュトゥットゥガルト) 


フランス(パリ・アヴィニョン・アルル等南プロバンスの村・カルカッソンヌ・モンペリエ・セット・カンヌ・オルレアン・オマハ海岸 等)


 ■資格 総合旅行業務取扱管理者 旅程管理主任者資格 トラベルカウンセラー/エリア・スペシャリスト(アジアⅡ)

*スタッフ紹介*アショカツアーズ大阪 吉田 (育休中でしたが、復帰しました)

2017年02月06日 11:41

アショカツアーズのホームページをご覧いただきありがとうございます。


インド(特にクシナガラ)担当、大阪営業所の吉田です。2012年入社のち、2回の出産&育児休暇を経て、2017年春に復帰しました。


アショカツアーズのスタッフになる前は、インドの学校教育を支援するNGOで10年以上活動し、お釈迦様の聖地クシナガラの村では、トータル1年近く滞在していました。おいしいチャイやサモサのお店など地元の情報はおまかせください☆


■担当業務 ブログ「インドの歩き方」で、クシナガラの村の様子もご紹介させていただいております。


■渡航経験 


インド(デリー アグラ ベナレス ブッダガヤ カジュラホ クシナガラ ラージギル バイシャリ ケサリア カルカッタ ジャイプール ジョドプール ジャイサルメール) 
ネパール(カトマンズ ルンビニ ポカラ) タイ(バンコク チェンライ クラビ ウドンタニ) 
ラオス(ビエンチャン ルアンパバン ワットプー コーン島) ミャンマー(ヤンゴン バガン) 
ベトナム(ホーチミン ハノイ)  カンボジア(シェムリアップ) 台湾 中国(北京) 香港 
フィンランド(ヘルシンキ ロバニエミ) エストニア(タリン) 
ハワイ(オアフ島 マウイ島) アメリカ(ニューヨーク)

*スタッフ紹介*アショカツアーズ大阪 藤本

2017年02月06日 11:33

アショカツアーズのホームページをご覧いただき、ありがとうございます。


南アジア旅行(インド・ネパール・スリランカ・バングラデシュ)担当、大阪営業所の藤本です。


インドへの最初の旅は約20年前、大学2年生の時でした。日本では得られない経験と多くの刺激で、かけがえのない時間を過ごし・・・縁あって、その時に利用したアショカツアーズの社員となり今日に至ります。


何度行っても把握しきれない「不思議の国インド」は、良いこともそうでないことも盛りだくさん。このやっかいな国の面白さは、実際に訪れてみれば、すぐにわかります。“いちどもインドに行かないまま一生が終わってしまう”なんて、本当にもったいないですよ!


「インドに行ってみたい気持ちはあるけど、なかなか一歩が踏み出せない」という方を、そっとサポートできればうれしいです。


■担当業務


パッケージツアーの企画、お客様からのご依頼を受けてのオーダーメイドツアーの見積り・手配を担当します。ビザの代理申請や国内・海外団体ツアーの添乗業務も行います。


■渡航経験


・ インド(デリー アグラ カジュラホ バラナシ ハリドワール リシケシ レー ヌブラ谷 ジャイプール ジョドプール ウダイプール ジャイサルメール ブダガヤ サルナート サラバスティ バルランプール パトナ ケイサリア サンカシャ バイシャリ クシナガラ コルカタ ダージリン インパール ムンバイ オーランガバード アジャンタ エローラ チェンナイ ゴア コチン コバラム アレッピー クマラコム クイロン トリバンドラム カニャクマリ バンガロール バーダミ アイホーレ ハンピ マイソール マドゥライ ナグプール タドバ国立公園 ランタンボール国立公園 バラトプール鳥類保護区 ペリヤール国立公園)  ・ ネパール(カトマンズ ルンビニ ビールガンジ)  ・ スリランカ(コロンボ ダンブラ キャンディ ポロンナルワ シギリヤ) 


・ チベット(ラサ シガッチェ)  ・ カンボジア(アンコールワット)  ・ タイ(バンコク)  ・ シンガポール  ・ ベトナム(ホーチミン ハノイ ホイアン)  ・ 中国(西安 敦煌 赤岸鎮)  ・ スペイン(バルセロナ)  ・オランダ(アムステルダム)  ・ ロシア(サンクトペテロブログ モスクワ)  ・ アメリカ(ミネソタ州) ・ イラン(テヘラン イスファハン ヤズド) ・アラブ首長国連邦(ドバイ) ・ ケニア(マサイマラ アンボセリ)  ・ ペルー(リマ プエルトマルドナード プノー クスコ)


■資格


総合旅行業務取扱管理者 旅程管理主任者資格 トラベルカウンセラー/エリア・スペシャリスト(アジアⅡ)