このページの先頭です
ここから本文です
  1. トップ
  2. アショカツアーズ流インドの歩き方

アショカツアーズ流インドの歩き方

*アートなインド*ガートの絵を描く人@聖なるガンジス河

2016年05月24日 10:03


ベナレスの聖なる河「ガンジス河」には、84ものガート(川岸に作られた堤・階段)があります。


このガートには、鮮やかなヒンズーの神様が描かれています。実際に行かれて目にした方や、写真でご覧になった方も多いのではないでしょうか。


    


これを描いているのって、いったいだれだと思いますか?日本だったら、「仏画」を描く専門の絵師さんとかがいらっしゃると思うのですが・・・


なんと、ニュージーランドの男性の方でした。 画像の左側、お分かりでしょうか? 




このガートの所有者(?)とお友だちだそうで、頼まれて描いているそうです。


なにしろ、“聖なるガンジス河”ですし、「何かと伝統を重んじるインド」なので、この絵を描く人も、それそうとうの「絵師カースト」の家系が、代々担っているものかと想像していましたが、そうではないのですね。


意外な光景に遭遇しました★

∮お客さまの声∮ アンケート 13

2016年05月20日 10:07

アショカツアーズでは、お客様に「おかえりなさいアンケート」のご協力をお願いしています。


承諾をいただいた方のみ掲載させていただきますので、ご旅行のご参考にしていただければ幸いです。


 


✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈


■ 2016年1月  ☆欲張り☆ 北インド体験ツアー 8日間  (匿名*男性) 


✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈


★日本からインドへの航空会社について


ビールを頼んだら、ぬるいビールを渡された。開けたら、泡が吹き出て、衣類にかかった。(エアインディア利用)


★国内での移動について


1日、車のトランクにスーツケースが入らず、ガイドと後ろの席にギュウギュウで座らされた。


★ホテルについて


想像より良かったです。良い意味でも悪い意味でも、宮殿ホテルのイメージが違いました。


★お食事について


カレーばかりで飽きました。


★インド人エスコートについて


普通でした。


★スケジュールについて


ちょうどよかったです


★次回インドに行くなら訪問してみたいところ


南インドとダージリンです。


★インドで楽しかったこと、おもしろかったこと、驚いたこと


一般家庭でのカレー作りが楽しかったです。


★これからインドを旅する人へのアドバイス


チップが難しかったです…。


★なんでも自由にどうぞ


ガイドさんから、象づかいの人に「チップ100ルピーあげてくれ」と言われました。2人で乗ったので、200ルピーでした。


--------------------------------------------------


【アショカツアーズスタッフより】


貴重なご意見をいただき、ありがとうございます。


機内でのビール、ぬるいままでしたね…。飛行機内のビールは別ですが、実は、インドでは(タイ、ラオス、ミャンマーでも)、ビールはぬるいままです。そもそも、インドではビールを冷やせる環境のない地域も多く、ビールをキンキンに冷やして飲むというのは、アジアでは日本特有かもしれません。タイ周辺の地域では、ビールに氷を入れて飲むのが一般的だったりします。ビールがぬるいことがございましたら、ぜひ氷を入れてロックで飲んでみてください!


車での移動では、スーツケースが入らずに、ご不便をおかけし、申し訳ございませんでした。荷物の数を考慮して、車を手配するのですが、ご迷惑をおかけしてしまいました。早速、現地のスタッフにも伝えました。ご指摘、ありがとうございました。


一般家庭でのカレー作り、お楽しみいただけて、うれしいです。お味はいかがでしたでしょうか。家庭によって、カレーもさまざまで、特に田舎の家庭では、スパイスを潰すところからはじまります。日本のように、「カレーのルー」があるわけでなく、想像以上に手間暇がかかっていることに驚かれる方もたくさんおられます。さまざまな体験をしていただき、本当にうれしく思っております!


チップは、本当に難しいですね…みなさん、悩まされ、考えさせられるポイントで、わたし(スタッフY)も、特に初めてのインドでは、いろいろ考えさせられました。避けて通れない、海外旅行者の永遠のテーマなのかもしれませんね。


このたびは、弊社をご利用いただき、また率直なアンケート回答をいただき、ありがとうございました。

*インドの謎*10200005132001 何の番号?

2016年05月17日 10:47

クイズです!この長ったらしい番号、何だと思いますか?


もちろん、インドに関する数字です。


正解は…


 


インドの銀行の口座番号!


 


ハイフンなしの14ケタです。長すぎぃぃぃ!


 


さ ら に、5年ほど前のことですが、銀行の都合で、この口座番号が「 勝 手 に 」変えられていたことがありました。ま っ た く、連 絡 す ら、な か っ た んです。


日本からインドの口座に送金したのに、何日、何カ月経っても、処理できない!!


当然ですよね、口座番号が違っているんですから…


ちなみに、インドで大手の銀行です!日本ではありえないですよね。。。(思い出すだけで、今でも怒りがおさまりません!)


 


インドとは、まだまだこういう国ですので、特にビジネス関係の方はお気をつけくださいませ。


 



悠久の国、インドですから…


長い長い歴史、雄大な自然に抱かれて…


口座番号なんて、ちっぽけなことどうでもいいんですよ…


 


※ちなみこの口座はすでに解約済みです。

∮お客さまの声∮ アンケート 12

2016年05月13日 09:55

アショカツアーズでは、お客様に「おかえりなさいアンケート」のご協力をお願いしています。


承諾をいただいた方のみ掲載させていただきますので、ご旅行のご参考にしていただければ幸いです。


 


✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈


■ 2015年12月   デリー・アグラ・ジャイプール フリーステイ 8日間  (滋賀県 *オオバヤシさま *男性) 


✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈


★日本からインドへの航空会社について


想像より悪かったです。 (エアインディア利用) 


⇒帰便の朝食が良くなかった。 ビジネスクラスにもスリッパがなかった。 帰便で1時間遅れて、夕食の時間が中途半端ででなかった。


★国内での移動について


列車に2人乗車の場合、隣席にすることは難しいか?


★ホテルについて


デリー以外はよかったです。デリーのThe Prime Balaj DX では、シャワーの真下がトイレで、トイレが水浸しになったり、洗面台との段差がなく、床が水浸しになったりしました。


アグラのTaj Resorts、ジャイプルのMaharani Palace は、よかったです。


★お食事について


おいしくなかったです。


★インド人エスコートについて


ジャイプールの天文台のガイドさん(自称ヤケ)は、すばらしかったです。


★スケジュールについて


ちょうどよかったです。


★次回インドに行くなら訪問してみたいところ


ジャイプル、ムンバイです。


★インドで楽しかったこと、おもしろかったこと、驚いたこと


すべてにびっくり、楽しい旅でした。


★今回の旅行で気に行ったところ


ジャイプルです。


★インド人に言いたいこと


スリはしないこと!


★これからインドを旅する人へのアドバイス


※スリッパは必ず必要です。
※財布は1日使用するだけにして、残りは絶対に底の深いバックに入れること、身につけるだけではダメです。
※デリー(オールドデリー)は一番注意!
※行き先の住所などは、大きな字で明示できるようにする。


--------------------------------------------------


【アショカツアーズスタッフより】


貴重なご意見をいただき、ありがとうございます。


特急でのお席の件ですが、インドの列車では残念ながら座席指定ができません。空席がたくさんあれば隣同士になりやすいのですが、路線によって慢性的に混んでおり確実とはいえません。インド人にとって列車は生活の足なので、乗車の2カ月前の販売と同時に売り切れになることもあります。ちなみに、そんな状況が常のインドの方は、「乗車してからお互いに席を交換する」のが一般的のようです。


ホテルについての詳しいご指摘、ありがとうございます。ご迷惑をおかけいたしました。Prime Balagi DX は、新しくきれいなホテルとのことで現地手配会社からすすめてもらったのですが、部屋によってはそのようなご不便があったのですね。申し訳ありませんでした。おそらく今後は手配することはありません。実際にお泊りのお客様からのご意見は、本当に参考になります。


「スリはしないこと!」本当に、そのとおりですが、混雑した街中では外国人旅行者を狙ったスリがどこかに必ずいるのですね。気をつけていても、相手はその道のプロなので、時には被害にあってしまうこともあるかもしれません。万一の際は、やはり頼りになるのが「海外旅行保険」です。現金は対象外ですが、カメラなどの「物品」は、対応してもらえることがあります。被害が無いに越したことはありませんが、クレジットカードをすぐ止められるように、カード会社の情報をメモしておくなどの事前の防衛策は、どこの国に行く際でもしておくのがよいかもしれませんね。


また、これからインドを旅行する人へのアドバイスも、実際にインドに行かれた方でないと気づかない点ばかりです。ありがとうございました!


このたびは、弊社をご利用いただき、また率直なアンケート回答をいただき、心より感謝いたします。今後とも、よろしくお願いたします。

*インドの風景*「せんせい、ありがとう」

2016年05月10日 14:36

GWが終わり、つぎにやってきた五月病。たくさん休んでリフレッシュしたはずなのに、なんだかユウウツな気分がぬぐえません。ニュースサイトを開けば「次の祝日がやってくるまで68日間もある」とかいう知らなければよかった情報が目に入り、なおさら気持ちが暗くなって困ってしまいます。


なのでここでは少し気晴らしになるような、インドの村での、一瞬の光景を。


*******************


今日の学校もおしまい。


裸足のまま、教室を飛び出した男の子。


20歳の新米先生は、そんな彼を慌てて呼び止めました。



「ちゃんと靴を履いて帰るように…」


そう言って、先生は男の子に靴を履かせてあげていました。


 


たったそれだけのできごとですが… 心が休まったひとときでした。


インドでは時折、こんなやさしい風景に出会えます。


*******************


さてあと67日間、がんばりましょう☆