このページの先頭です
ここから本文です
  1. トップ
  2. アショカツアーズ流インドの歩き方

アショカツアーズ流インドの歩き方

■ツアーについての記事一覧

∮お客さまの声∮ 残念・・・トラブルが全くなかった!

2016年11月08日 16:03

手配業務の最中、時折ふと、とあるお客さまのことを思い出します。


数年前に、カウンターでインドのオーダーメイド旅行をお申込みいただいた男性。なんとこの方、40年ほど前に、自家用車を日本からインドへわざわざ持ち込んで、運転しながら南アジア一帯を何か月にもわたり旅行したご経験がおありとのこと!!



↑昔の道路はきれいに舗装されたり、こんなに広かったり、ではなかったと思います。


もし旅行記を出版されるなら、絶対に買って読みたいぐらい面白いお話をたくさん聞かせてくださいましたが、そもそもインドの道を自分で運転しようなんていう発想に、びっくり仰天です。しかも、それを40年も前に成し遂げたなんて、、、す、凄すぎます。


インドへ車を持ち込むことだけでも、通関、費用、車両登録など「うわぁ、面倒そう・・・特に、インドのお役所の手続きとか、絶対にイヤだ!」と思ってしまいますが、「当時の役人たちは、そんな日本人が『珍しい!面白い!』と思ったのか、とても好待遇で、どこにいっても安全に走行できるよう配慮がされてて、手続きもすぐにしてくれたんだよ~」とのことでした。その頃のインド、行ってみたい!!


 


さてこのお客さま、数十年ぶりのインド訪問を楽しまれ、無事にご帰国なさったのですが、、、


「いやぁ~久しぶりのインド、よかったよ!!何も問題なくスムーズな旅でね。全然なかったんだよ、トラブルが。それだけが・・・残念だったよ(笑)」


冗談めかしておっしゃいましたが、本当にそうだったんだと思います。


 


『インド旅行をしていて、トラブルに遭遇しない』


人によっては、これほどガッカリなことはないかもしれません。あまり大きすぎるトラブルはもちろん避けたいですが、小さなハプニング程度なら、旅を引き立たせる“スパイス”になって、かえって思い出に刻まれたりするものです。


拍子抜けするほどスムーズに進むこともたまにあるけれど、やっぱり、次から次へと問題が発生したり、一筋縄ではいかないことが多いインド旅。弊社としては、ご依頼いただいた旅は大きなトラブルなく、安心して楽しくお過ごしいただけるよう、時間配分や使う交通機関をよくよく調べて手配しますが、このことを思い出しながら、「もしかすると、多少手を抜いたほうがおもしろい旅になるんじゃ・・・」が、一瞬よぎります。(実際にはそんなことしません☆)


おそらくこのお客さまは、“生半可な”トラブルではご満足されなかっただけで、一般的には、インド旅行中、常に、ちょこちょこと、小さなハプニングに遭遇しますので、これから旅される方はどうぞご安心くださいね。


インドに限りませんが、旅は生もの、ライブです。予定外の出来事や、日本ではありえないハプニングも「旅の醍醐味」として、ぜひともお楽しみください♪


※万が一、大きなトラブルに遭遇した際は、すぐに弊社か現地代理店へご連絡ください。サポート体制は万全に整えております。

現地係員とのミーティング@デリー国際空港

2016年09月07日 16:35

インド旅行の第一関門が、デリー空港の「入国審査官」と思われている方も多いかもしれません。


特に、「わたし、英語が話せないから」「どんな質問されるのか」と心配されている方もいます。


 


以前のデリー空港は薄暗く、少し怖い雰囲気がありましたが、2010年に新築されてからは、とても明るい空港になりました!



 


↓入国審査のカウンターも綺麗で、オープンです。日本人旅行者も2人の審査官も、笑顔、笑顔♪



 


↓荷物をとって出口に向かうと



 


↓インドの皆さんのお出迎え...



以前の空港では、薄暗い中に無数のインド人がいて、これに圧倒されてしまう人もいましたが、今では明るい雰囲気で、執拗な声かけは少なくなりました。


※アショカツアーズのお客さまは、インド人ガイドをがんばって探していただかなくても、ガイドから声をかけさせていただきますので、慌てずにゆっくりお待ちください。


 


↓空港では、シャールクカーンも ド派手にお出迎え♪



 


さぁ、これから始まるインド旅行!


空港到着で、さらにワクワク度が高まります!

∮お客さまの声∮ アンケート 15

2016年08月10日 15:38

アショカツアーズでは、お客様に「おかえりなさいアンケート」のご協力をお願いしています。


ご承諾くださった方について掲載いたしますので、これから旅行される皆様のご参考になれば幸いです。


 


✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈


■ 2016年5月 インドフリーステイA”デリー・ベナレス・アグラ” 8日間【国内線プラン】


(神奈川県*ハシモトさま*40代*男性)


✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈


 


★日本からインドへの航空会社について


想像より良かった。(エアインディアご利用)


★国内での移動について


想像より良かった。(専用車での陸路移動+列車+インド国内線)


★ホテルについて


大満足・・・デリー/アショカカントリーリゾート、バラナシ/ヒンダスタンインターナショナル。


想像より良かった・・・アグラ/ロイヤル・レジデンシー


次回があるなら別のホテルで・・・デリー/リージェントコンチネンタル(場所解りづらい&設備も・・・部屋も箱みたい。)


★インド人エスコートについて


大満足・・・ベナレスのガイド(年くってるだけ有って良く考えている)


次回があるなら別のガイドで・・・デリーとアグラのガイド


★スケジュールについて


慌しかったので、もう少しゆとりがほしかった(1泊目のデリーは居るだけ、8泊目は航空機泊。実質は6泊ってのかな、とは言っても日数上仕方がないのだろうけど。)


★次回インドに行くなら訪問してみたいところ


有りすぎて困る


★インドで楽しかったこと、おもしろかったこと、驚いたこと


デリーではケンタッキーとマックが有ったが、バラナシ・アグラでも汚い屋台での店か、ホテルのレストランしかなくて食べるものに困ったが、暑くて暑くて食欲がなくて、コーラばっかり飲んでた。


★今回の旅行で気に行ったところ


バラナシ


★インド人に言いたいこと


ぼったくりが多いと聞いてきたが、力ずくではなくて、こちらが相場を知らないのを盾に高い手数料を正当な料金と言ってお金をせしめようとして来るのが全てで、理屈でやり込めると引き下がるので話せば解ってくれる人達だ。


★これからインドを旅する人へのアドバイス


インドは良いよぉ~


★なんでも自由にどうぞ


バラナシ3-5泊コース・聖なるガンジスを味わい尽くす、とかのコースも有りでは?


--------------------------------------------------


【アショカツアーズスタッフより】


貴重なご意見をいただき、ありがとうございます。


ホテル、現地スタッフの対応等もう一度見直しまして、お客様に旅して頂きやすい環境を作って参ります。分かりやすくご説明下さいまして、どうもありがとうございました。


そして、心温まるメッセージと、ハシモト様がインドへ興味を持ち、行ってみたい!と感じたきっかけの本もお送り下さいまして、どうもありがとうございました!早速スタッフ内でも回し読みをさせて頂きました。(内容はここではちょっとお話できませんが・・・)


「貴重な人生の思い出深い1ページ」、「今まで旅した他国を遥かにしのぐ旅!」とおっしゃって頂いた旅をお手伝い出来たこと、本当に嬉しく思います。


インドの旅、特に自由旅行では「インドに飲み込まれ途方にくれてしまうか、溶け込むか」が旅の印象を変える大きな分かれ道だと思います。きっとハシモトさんは後者だったのですね。


このたびは、弊社をご利用いただき、またアンケート回答に貴重なお時間をいただき、ありがとうございました。


ぜひまたインドへ行かれる際には旅のお手伝いをさせてください。楽しみに待っております。

∮お客さまの声∮ アンケート 14

2016年08月08日 12:09

アショカツアーズでは、お客様に「おかえりなさいアンケート」のご協力をお願いしています。


ご承諾くださった方について掲載いたしますので、これから旅行される皆様のご参考になれば幸いです。


 


✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈


■ 2016年5月 南インドオーダーメイドツアー“ペリヤール・クイロン・トリバンドラム” 6日間(大阪府*Nさま*男性)


✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈


 


★日本からインドへの航空会社について


想像より良かった。(シンガポール航空ご利用)


★国内での移動について


想像より良かった。(専用車での陸路移動+列車)


★ホテルについて


想像より良かったです。特によかったのは、ペリヤールのGREEN FORESET。


★お食事について


カレーばっかりで飽きました。


★インド人エスコートについて


まぁまぁよかったです。


★スケジュールについて


ちょうど良かったです。


★次回インドに行くなら訪問してみたいところ


トリトュールの祭り、マドゥライ、ティルチラパッリ


★インドで楽しかったこと、おもしろかったこと、驚いたこと


現地の人々が素朴でフレンドリー、笑顔を良く見せてくださった。


★今回の旅行で気に行ったところ


各地方都市の人々の暮らしぶり、実生活の一部を垣間見られたところ。


★インド人に言いたいこと


街中はともかく、せめて自宅周りのゴミは片付ける習性を身に着けたほうがよいとおもいます!


★インドに行ったからこそわかる「インドあるある」


道を尋ねる際など、無視されることはなく、誰もが必ず答えてくれました。


★弊社をお選びいただいたポイント


インド専門店ということと、ツアー内容が気に入ったため。


★なんでも自由にどうぞ


ペリヤールで見たヒンドゥー教神の演劇は興味を惹かれ、とてもよかったです。ペリヤールのサファリは選択ミスと言わざるを得なかった。その時間をほかの観光ツアーへ割り当てればよかった。トリバンドラムの観光は内容が充実しててよかったです。


--------------------------------------------------


【アショカツアーズスタッフより】


貴重なご意見をいただき、ありがとうございます。


この度の旅行では、南インド、ケララ州の文化と自然を体験していただくプランでした。ペリヤールの自然保護区でのサファリは、野生動物に出会うチャンスがあまりないので、物足りないものになってしまったかもしれませんね。お泊りいただいたホテルや、夜に組み込ませていただいた、伝統舞踊カタカリダンスのショーなどは、ご満足いただけたようで安心いたしました。


現地の生活の様子も垣間見られたとのこと、実際にその地を訪れたからこそ体験できる「旅の醍醐味」ですね。人々とのコミュニケーションも楽しまれたようで、良かったです!いちど南インドを旅をすると、何度も訪れたくなるのですが、その理由の一つは穏やかでフレドリーな人々の存在のような気がします。


ゴミ・・・これは、ほかの皆さまもよくおっしゃっていますね。道路がきれいなのが当たり前の日本からインドへ行くと、本当にびっくりして残念な気持ちになってしまいます。牛やヤギがプラスチックごみを食べて亡くなってしまうことも問題になっていますが、一朝一夕には変わりそうもありません。せめて自分自身のごみはホテルに持ち帰るようにするなど、これ以上インドを汚さないようにしたいものです。


今回は、西海岸に沿ってご旅行いただきましたが、次回はぜひ、東側のタミルナード州を訪れ、マドゥライ・ティルチラッパリに残るドラヴィダ建築の遺跡や寺院をお楽しみくださいませ!または、ベンガルタイガーとの遭遇率が高い、中央インドのタドバ国立公園もおすすめです☆またのご利用を、心よりお待ちいたしております。


このたびは、弊社をご利用いただき、また率直なアンケート回答をいただき、ありがとうございました。

のりもの・オートリキシャ サイクルリキシャ

2016年07月08日 14:32

インドでもっとも手軽な移動手段「リキシャ」。


自転車やバイクの後ろに人が乗るスペースがある、『簡易タクシー』といったもので、他の国では「トゥクトゥク(タイ)」「シクロ(ベトナム)」と呼ばれているのと同じようなものです。インドでの呼び名「リキシャ」は、有名な話ですが日本の「人力車(じんりきしゃ)」が由来です。


道を全く知らなくても、行き先を告げるだけでどこでも連れて行ってくれて、ちょっとした距離の移動でも気軽に使える、旅行者の強い味方です。


スケルトン型(現地ガイドによる観光案内なし)のツアーにご参加の方は、しょっちゅう使うことになると思います。はじめは不安でも、だんだんと乗りこなせるようになります。多少ぼられてるのはあきらめて、便利に使いましょう♪


 


●人力車



もともとはこの写真のようなスタイルから始まった「リキシャ」ですが、今ではコルカタでしか見ることができません。


運転手さんの体つきの細さを見ると、なんだか申し訳なくて乗ることに躊躇してしまいそうです。


 


●サイクル・リキシャ



こちらは「人力」、ではなくて「自転車」が動力になった「サイクル・リキシャ」。ニューデリーやムンバイなどの大都市ではほぼ見られなくなりましたが、ベナレスやオールドデリーなど中小都市ではまだまだ活躍しています。


スピードは出ませんし、乗り心地良くはありませんが、ちょっと高い位置からの景色がイイ感じで楽しめます。チャンスがあればぜひ一度、乗車体験を☆


 


●オート・リキシャ



オートバイが動力のものは、「オート・リキシャ」と呼ばれます。渋滞の中を「ビーッ!ビーッ!」とクラクションを鳴らしながら車の間をすり抜け走ります。乗車中は排気ガスや砂埃にさらされるので、マスクの装着が必須です。


 


●まずは値段交渉


いずれも、乗車前の値段交渉が必須です!オート・リキシャは料金メーターが付いていますが、使われていなかったり壊れていたりします。「外国人料金」で高く吹っかけられることは多々ありますので、あらかじめホテルのフロントで目的地までの相場を教えてもらっておくとよいでしょう。


 


●運転手は、リキシャー・ワーラー


ちなみに、運転する人は「リキシャ・ワーラー」と呼ばれます。ワーラーは「~する人」の意味で、他にもいろんな使い方があります。お茶を運んでくれる「チャイ・ワーラー」、洗濯屋さん「ドービー・ワーラー」・・・など、いろいろと応用が利きます。


少し前に、インドの驚くべき弁当配達システムが世界的なニュースになりましたが、この配達人たちも「ダッバー・ワーラー」と呼ばれています。ほかにもどんな「ワーラー」がいるか、インドで探してみてください☆