このページの先頭です
ここから本文です
  1. トップ
  2. アショカツアーズ流インドの歩き方

アショカツアーズ流インドの歩き方

■ツアーについての記事一覧

*スタッフ紹介*アショカツアーズ東京 涌井

2017年02月06日 11:44

初めてインドの地に足を踏み入れたのは今から12年前。当時は首都のデリーでも携帯電話が普及していなかったので、何かあれば〝電話屋さん〟に「TO JAPAN !」と電話をかけに行きました。その頃から比べると大都市は急速に発展し、今では日本と同じように整列乗車で地下鉄に乗っています。 でもこれは側面の1つで、 今でも田舎では土で造られた家の庭で夕食の準備をするお母さん、自転車いっぱいに銀の缶をぶら下げて走る牛乳売り、彩とりどりのサリーを着た女性が薪を頭の上にのせて目の前を過ぎ去っていく、そんなきっと昔から変わらない自然と共に毎日を生きる人たちの強い姿があります。


訪れるたびに新しい顔をみせてくれるインド。インドを知っている気になっていると〝ぎゃふん〟と言わせてくれる、そんなおもしろい国をぜひ肌で感じてください。 


■得意エリア インド全般。お客様オリジナルの旅をアレンジ致します。気軽にご相談下さい。


■担当業務 お客様からのご依頼を受けてのオーダーメイドツアーのお見積り・手配、パッケージツアーの企画・手配、海外団体旅行の企画・手配・添乗 等


■渡航経験 


インド(ダラムサラ・アムリットサール・リシケシ・ハリドワール・デリー&周辺・アグラ・カジュラホ・バラナシ・ジャイプール・ジョドプール・ジャイサルメール・ブダガヤ・サルナート・サラバスティ・パトナ・バイシャリ・クシナガラ・コルカタ・ダージリン・グワハティ・ポビトラ野生動物保護区・ムンバイ・オーランガバード・アジャンタ・エローラ・プーナ・バンガロール・プッタパルティ・チェンナイ・カンチプラム・マハバリプラム・マドゥライ・トリバンドラム・コチン・アレッピー・コインバトール 等) 


スリランカ(コロンボ&ネゴンボ・ワッドゥワ・キャンディ・シギリヤ・ダンブラ・ポロンナルワ・アヌラダプラ・ヌワラエリヤ・バンダーラウェラ=ウバ 等) 


ネパール(ルンビニ) タイ(バンコク・アユタヤ) カンボジア(シェムリアップ) インドネシア(バリ島) 


韓国(ソウル) 中国・香港(上海・福安・松渓・武夷山・桐木村・福州) 


オーストラリア(メルボルン・キャンベラ・シドニー・ノーザンテリトリー 等) 


アメリカ(NY・LA・ヨセミテ国立公園・ハワイ諸島) 


トルコ(イスタンブール・イズミール・コンヤ・カッパドキア・パムッカレ・アンカラ・ベイパザール・エレール・エスキシェヒル) 


イスラエル(エルサレム・東エルサレム) 


モロッコ(フェズ・メクネス・シェフシャウエン・マラケシュ・エッサウェラ・カサブランカ) 


スペイン(バルセロナ) イタリア(ローマ) イギリス(ロンドン) ドイツ(フランクフルト・シュトゥットゥガルト) 


フランス(パリ・アヴィニョン・アルル等南プロバンスの村・カルカッソンヌ・モンペリエ・セット・カンヌ・オルレアン・オマハ海岸 等)


 ■資格 総合旅行業務取扱管理者 旅程管理主任者資格 トラベルカウンセラー/エリア・スペシャリスト(アジアⅡ)

*スタッフ紹介*アショカツアーズ大阪 吉田 (育休中でしたが、復帰しました)

2017年02月06日 11:41

アショカツアーズのホームページをご覧いただきありがとうございます。


インド(特にクシナガラ)担当、大阪営業所の吉田です。2012年入社のち、2回の出産&育児休暇を経て、2017年春に復帰しました。


アショカツアーズのスタッフになる前は、インドの学校教育を支援するNGOで10年以上活動し、お釈迦様の聖地クシナガラの村では、トータル1年近く滞在していました。おいしいチャイやサモサのお店など地元の情報はおまかせください☆


■担当業務 ブログ「インドの歩き方」で、クシナガラの村の様子もご紹介させていただいております。


■渡航経験 


インド(デリー アグラ ベナレス ブッダガヤ カジュラホ クシナガラ ラージギル バイシャリ ケサリア カルカッタ ジャイプール ジョドプール ジャイサルメール) 
ネパール(カトマンズ ルンビニ ポカラ) タイ(バンコク チェンライ クラビ ウドンタニ) 
ラオス(ビエンチャン ルアンパバン ワットプー コーン島) ミャンマー(ヤンゴン バガン) 
ベトナム(ホーチミン ハノイ)  カンボジア(シェムリアップ) 台湾 中国(北京) 香港 
フィンランド(ヘルシンキ ロバニエミ) エストニア(タリン) 
ハワイ(オアフ島 マウイ島) アメリカ(ニューヨーク)

【インド現地情報】高額紙幣廃止・現在の状況について 【最新情報 1/24】

2017年01月24日 18:00

~ デリー空港の両替事情 2017年1月24日確認編 ~


先週末インドよりご帰国されたお客さまから耳寄りな情報を頂きました。 現在デリー空港等デリー市内ではどこでも問題なく両替が出来ているとのこと。 デリーでは他の地方都市より一足早く混乱がおさまったようでよかったです。 旅がしやすくなりますね。


~ ムンバイ空港の両替事情 2017年1月10日確認編 ~


ムンバイ空港の両替所を利用した両替では、おひとり様あたり約$70-(9,000円弱)を平均とした両替が出来ているとのことでした。


~ 2016年年内までにご出発のみなさまへ ~


 


先日ご案内の通り、インド政府の突然の発表により11月9日から1000ルピー・500ルピーの高額紙幣が使用不可となりました。


タンス預金で貯めていた紙幣は、今月末までに銀行に預けるか、新紙幣に交換しなければただの紙くずになってしまうため、街中の銀行には、早朝から開店待ちの長蛇の列ができています。やはりインドらしく、権力者は裏から手をまわしてなんとかうまくやっているそうですが、一般の人々の多くは、学費や病院・薬代の支払いができないなど日常生活への影響も大きく、困っているとのこと。本当に気の毒です。


 


空港での外貨からルピーへの両替についても、紙幣の不足により支障が出ています。


空港内の銀行は1カ所を除き、すべて「OUT OF CASH」のプレートがぶら下げられ営業していません。



ATMも動きません。



機内預け荷物受け取りエリアで唯一空いている銀行には、海外からの旅行者の長い列が。



2時間ほど並んで、一人あたり30ドル程度をやっと両替できるとのこと。さらに、現地でお会いした日本人の方には、並んでいる間に現金が尽きてしまい、目の前で閉店してしまった、という方もいらっしゃいました。


全国的に紙幣が不足しているとのことなので、しばらくの間、解消されそうにありません。


 


--------アショカツアーズにお申し込みのお客様へ------------


弊社ツアーにお申し込みのお客様には、両替用のルピーをご用意し、デリー空港でお出迎えする係員を通じて日本円と交換していただけるよう手配しております。


空港到着後、銀行に長蛇の列ができている場合は、お並びにならず、空港出口へお進みくださいますようお願いいたします。


なおご用意できる金額にも限りがあり、お一人様5000円分までとさせていただきますのでご了承ください。


現地の土産物店やホテル内でのお買い物の際は、クレジットカード(VISA/マスターカード)がお使い いただけます。同行スルーエスコートへチップをお渡しいただけます場合には、日本円・ドル・ユーロなどでもありがたくお受けいたします。


インド国内事情とはいえ、ご不便をおかけして申し訳ありません。


何卒ご協力を賜りますようお願い申し上げます。

∮お客さまの声∮ その後の人生・・・何か変わった?

2016年11月24日 11:41


先日、5年ほど前に弊社を通じてインド旅行をされたお客さま(M様)にお会いしました。


すると…


「インドに行ったのが、人生の転機となり、その後さまざまなことに挑戦したり、出会いがあったり、海外、国内問わず、旅行にも行くようになり、わたしの人生が変わりました。インド旅行を後押しして、サポートしてくれたことに感謝しています」


との、なんともありがたく、うれしいお話を聞かせていただきました!


インド旅行後は、これまで足を向けなかった場所などにも積極的に足を運ぶことが増え、それがさまざまな「つながり」となられたようです。


【インドに行くと人生観が変わる】という話をよく聞きますが、M様にとって、まさにインドとはそういう場所だったようです。


--------------


インドから帰国後、M様ほどでなくても、「気持ちの持ち方」や「世の中の見え方」にご自身の中での変化を感じた方は少なくないと思います。


インドが持つ、この不思議な力に惹かれて、M様のように「一生に一度は、インド旅行に!」と、たくさんの思いを込めて出発される方が多くいらっしゃいます。今後も、お客さまの大切な1回1回を、しっかりサポートさせていただきたいと改めて感じました。


M様、またぜひ、素敵なお話を聞かせてくださいね☆ありがとうございました。

∮お客さまの声∮ 残念・・・トラブルが全くなかった!

2016年11月08日 16:03

手配業務の最中、時折ふと、とあるお客さまのことを思い出します。


数年前に、カウンターでインドのオーダーメイド旅行をお申込みいただいた男性。なんとこの方、40年ほど前に、自家用車を日本からインドへわざわざ持ち込んで、運転しながら南アジア一帯を何か月にもわたり旅行したご経験がおありとのこと!!



↑昔の道路はきれいに舗装されたり、こんなに広かったり、ではなかったと思います。


もし旅行記を出版されるなら、絶対に買って読みたいぐらい面白いお話をたくさん聞かせてくださいましたが、そもそもインドの道を自分で運転しようなんていう発想に、びっくり仰天です。しかも、それを40年も前に成し遂げたなんて、、、す、凄すぎます。


インドへ車を持ち込むことだけでも、通関、費用、車両登録など「うわぁ、面倒そう・・・特に、インドのお役所の手続きとか、絶対にイヤだ!」と思ってしまいますが、「当時の役人たちは、そんな日本人が『珍しい!面白い!』と思ったのか、とても好待遇で、どこにいっても安全に走行できるよう配慮がされてて、手続きもすぐにしてくれたんだよ~」とのことでした。その頃のインド、行ってみたい!!


 


さてこのお客さま、数十年ぶりのインド訪問を楽しまれ、無事にご帰国なさったのですが、、、


「いやぁ~久しぶりのインド、よかったよ!!何も問題なくスムーズな旅でね。全然なかったんだよ、トラブルが。それだけが・・・残念だったよ(笑)」


冗談めかしておっしゃいましたが、本当にそうだったんだと思います。


 


『インド旅行をしていて、トラブルに遭遇しない』


人によっては、これほどガッカリなことはないかもしれません。あまり大きすぎるトラブルはもちろん避けたいですが、小さなハプニング程度なら、旅を引き立たせる“スパイス”になって、かえって思い出に刻まれたりするものです。


拍子抜けするほどスムーズに進むこともたまにあるけれど、やっぱり、次から次へと問題が発生したり、一筋縄ではいかないことが多いインド旅。弊社としては、ご依頼いただいた旅は大きなトラブルなく、安心して楽しくお過ごしいただけるよう、時間配分や使う交通機関をよくよく調べて手配しますが、このことを思い出しながら、「もしかすると、多少手を抜いたほうがおもしろい旅になるんじゃ・・・」が、一瞬よぎります。(実際にはそんなことしません☆)


おそらくこのお客さまは、“生半可な”トラブルではご満足されなかっただけで、一般的には、インド旅行中、常に、ちょこちょこと、小さなハプニングに遭遇しますので、これから旅される方はどうぞご安心くださいね。


インドに限りませんが、旅は生もの、ライブです。予定外の出来事や、日本ではありえないハプニングも「旅の醍醐味」として、ぜひともお楽しみください♪


※万が一、大きなトラブルに遭遇した際は、すぐに弊社か現地代理店へご連絡ください。サポート体制は万全に整えております。