このページの先頭です
ここから本文です
  1. トップ
  2. アショカツアーズ流インドの歩き方

アショカツアーズ流インドの歩き方

■ツアーについての記事一覧

12 / 12« 先頭...89101112

エスコートとガイドは違う?

2014年11月11日 10:18

アショカツアーズでは、現地係員のことを“ガイド”ではなくあえて“エスコート”と表記しますので、お客様より、「エスコートって、ガイドのこと?違うんですか?」とお問合せいただくことがあります。


たしかに日本では、添乗員もバスガイドも観光地で専門的な説明をしてくれる人も、みんな区別せずに「ガイドさん」と呼ぶことが多いので、「案内人」という意味ではエスコートもガイドさんです。ただ、“分業”が徹底されているインドでは、仕事内容により呼び分けをしますので、弊社もそれにあわせて区別しております。


『日程を円滑に進める業務を担う人』=エスコート


『観光地で説明をする人』=ガイド


同行・随行の現地係員は『エスコート』ですが、観光地では『ガイド』を兼任して見所のご案内もいたします。 『ガイドもするエスコート』という表現がより正しいのかもしれません。


-------------


一部の観光地(アグラのタージマハルやデリーのクトゥブミナール)では、地元ガイドの雇用を守るための組合の力が強く、エスコートは説明行為を一切できないことがあります。この際、エスコートが地元ガイドを雇い、お客様・エスコート・地元ガイド、と揃って観光していただくことになります。


なお、国家資格の“ガイドライセンス”を取得しているエスコートは、地元ガイドを雇わずに自分でガイドができます。この試験を突破するのは超難関な上、毎年実施されるわけではないので、免許を持つエスコートはそれほど多くありません。 

12 / 12« 先頭...89101112