このページの先頭です
ここから本文です
  1. トップ
  2. アショカツアーズ流インドの歩き方

アショカツアーズ流インドの歩き方

■インド・ネパール観光名所の記事一覧

1 / 812345...最後 »

なぜ遺灰をガンジス河に流すのか

2019年06月27日 17:59

ナマステです!
段々と梅雨らしいお天気になってきましたね。
一方インドは真夏日。暑い日々が続いてますよ~。
皆様、行かれる際は熱中症に十分お気を付けくださいね。


さて、お客様よりたくさんいただくリクエストは
「ガンジス河に行きたい!沐浴したい!」です。


私もインドに行くきっかけとなったのはガンジス河でした。
その当時、たまたま読んでいた本が全てインドに関する本(深い河、ガンジス河でバタフライなど…)で、バラナシに行かなきゃな~と軽い気持ちで決めました。


とーっても軽い気持ちで決めたインド行きですが、10年くらい経った今でもガンジス河を初めて見た時の感動が忘れられません。
神聖だけど汚い、うるさいけど静か……全てがごちゃ混ぜになってる!と。



ヒンドゥー教徒にとって、ガンジス河は最大の聖地。
沐浴して体を清め、亡くなれば火葬し遺灰を流してもらいます。


なぜ、遺灰をガンジス河に流すのか。
それは輪廻転生から解脱するためです。


輪廻転生とは生死を繰り返すサイクルのこと。
ちなみに仏教では6つの世界(天道・人間道・修羅道・畜生道・餓鬼道・地獄道)をグルグルと生まれ変わるとされています。
(現世は人間道だったけど、あなたは食べ物に卑しかったから、次は餓鬼道でガリガリになって反省してね、とエンマ様に言われるって感じです)


インドではこんな苦しい世界、生まれ変わるのはしんどいから、遺灰をガンジス河に流せば、生まれ変わりませんよ~と考えられています。
日本では、大切な人と離れ離れになる時来世でも一緒になりたいと考える人は多いと思いますが…
よく考えてみると、人生で悩みが全くない状態の方が少ないし、頑張って生きている間に何度も何度も大好きな人とお別れしないといけないと考えると悲しい…。
何だか納得できます。


死生観は人それぞれですが、信じている考え(宗教だったり、おじいちゃんおばあちゃんから教えてもらった昔から伝わる話だったり)って精神をものすごく安定させるのではないかと思います。


……本当の死後の世界は未知なんですけどね~。


 


 是非ガンジス河に行かれた際は、肌で感じていただきたいなと思います*


 


森本

【アグラ現地情報】世界遺産タージマハール 修復のお知らせ【続報】2018年7月2日の状況追加

2018年07月02日 10:00

■タージマハール(アグラ)へのご旅行をご検討中の皆様へ


(下へスクロールして頂くと、最新情報になります。)


2016年 7月


昨年2015年10月より修復に入っております世界遺産タージマハールの現在の状況をお知らせ致します。


本日入りました現地からの連絡によりますと、タージマハール4本のミナレット(横にある塔)のうち、前2本とメインドームの一側面の修復に入ったとのことです。


すべての修復作業が終了するまで約1年(予定では今冬まで)かかると言われておりますが、インドという文化上、作業終了の日にちが延びる場合もございます。


  


しばらくの間、写真のようにミナレット・ドームの修復を致しておりますので、写真撮影の際は綺麗に映らないかと思います。予めご了承下さいませ。
修復作業が終了しましたら改めてご報告をさせていただきます。


尚、タージマハールの観光は通常どおりできます。


 -------------


■タージマハールへ訪問予定のお客様へ


インド観光のメインでもあるタージマハルが、あいにく完璧な姿ではないことを残念とお感じになるかとは思いますが、修復中であっても、その美しさを感じていただけるポイントはありますので、少しでもお楽しみいただければ幸いです。


4本あるミナレットのうち、すでに修復&クリーニング済みの後方2本はタージマハル建設当時の色がよみがえり、真っ白ぴかぴかです。排気ガス等によりくすんでしいる他の部分と見比べると、その違いがはっきりお分かりいただけます。


近くでご覧いただく、繊細な彫刻や宝石の装飾は、変わらず素晴らしいです。




 


【続報】


↓ ↓本日(2016年9月7日)のタージマハル写真が現地より届きました。↓↓


少しずつですが修復完了に向け、頑張って・・・います。



【続報の続報】


↓ ↓本日(2016年10月31日)のタージマハル写真が現地より届きました。↓ ↓


ここにきて、来年(いつか未定です・・・)メインドームのお掃除が始まるという話も浮上してまいりましたので、むしろ今が行き時かも!!?


  


【続報の続報のその後】 2017年5月23日


タージマハールの修復状況について現地よりレポートが参りました!


まだまだ状況はあまり変わらず、正面から見て向かって右側前方のミナレット1本、タージマハル左側後面を修復作業中です。

 

5月20日頃から中心廟部分正面側の修復作業へ移る予定でしたが、作業が遅れており、現時点もまだ中心部分の作業ははじまっておりません。

現在の作業終了後、中心部分へ移る予定ですが、いつ頃始まるか現時点はまだ未定とのことです。

なんとか冬になる前に終わってくれ!!と祈っています。

  


【続報その4】 2017年6月15日


↓ ↓先日(6/12)のタージマハル写真が現地より届きました。↓ ↓


ずーっと修復中の右前方ミナレットは相変わらずですが、ついに!正面左側、正面右側の一部の作業が始まりました。
インドのことなのでいつとは言えないのが心苦し所ですが、こちらの修復作業終了後から廟中心部分の作業が始まるようです。


     


【続報その5】 2017年 7月4日(火)


 とうとう正面の大々的な修復作業がはじまりました。 観光は出来ますが、正面から見て工事と分かる状況です。 どうか年を越す前に作業が終わりますように・・・。


   


 【続報その6】 2017年 7月11日(火)


現地のスタッフがタージマハールのメンテナンスを担当している方と、この後の修復作業について確認をいたしました。その中で話した内容をご案内させて頂きます。 あくまでも「Hopefully」という言葉を使ってはいましたが・・・、この後のご旅行企画のご参考になさって下さい。


①4本のミナレットのメンテナンス作業と足場(を組んでる)は、2017年8月末までに終了するといいな。


②廟前側のメンテナンス作業と足場は、2017年9月末までにやり直したい。


③中央のドームは、2018年4月~5月の終わり頃にとりかかる予定です。


④2017年10月~2018年4月の間(ベストシーズン)は、残りの廟と西側のモスクの作業をします。


 【続報その7】 2017年 7月19日(水)


現地より新しい情報が参りましたのでご報告させて頂きます。

7/16(日)頃より、正面中心部分の修復作業に入っております。※添付写真(7/18撮影)  

中心部分修復作業がいつまで続くかは現時点でまだ分かりませんが、後ろ側の修復作業は終了しております。

日本も暑い日が続きますが、ここからが夏本番!水分補給で乗り切りましょう!

     

 【続報その8】 2017年 8月8日(火)


先週土曜日(8/5)より、カバー・足場が外れ現在は修復作業を一時中断しております。


時期をみて修復作業が再開される予定ですが、現段階でいつ頃再開されるか等の詳しい時期は確定しておりません。 また情報が入りましたらお知らせいたします。 


※最新(8月5日撮影)のタージマハル写真です。 このタイミングにタージマハールに行かれる方はラッキーですね!











【続報その9】 2017年 9月25日(月)


タージマハールの正面入口の修復作業が始まりました。(写真をご参照ください)


入口を入った内部(白いタージマハール廟)は現在もまだ作業ストップ中ですので、写真映りが悪くなってしまう等のご心配は要らないようです。 このまま冬を越えてくれるかしら・・・。


9月末の現状報告でした。


正面入口


【続報その10】 2017年 12月 6日(水)


一時期中断しておりましたタージマハール修復作業が昨日よりまた再開したとの情報がインドより届きました。(写真をご参照ください)


現在作業をしているのは、タージマハールの裏側です。


尚、今後の修復作業スケジュールですが、(2018年)3~4月になりましたら、中央のメインドーム部分の修復作業が開始される予定とのことです。



寒い日が続きますがスパイス料理を食べて乗り切りましょう!


【続報その11】 2018年 1月 23日(火)


ナマステ!


2018年1月15日付で今後のタージマハール修復作業のスケジュールが政府より発表されましたので、ご案内させて頂きます。


1.北側アーチの修復作業は完了しました。


2.西側のファザード部分は作業完了、一部に足場が組まれ修復作業中です。


3.4基のチャトリ(記念廟)と屋上は2018年3月末に完了予定です。


4.主要な霊廟の周辺は2018年2月から4月にかけて修復作業が着手される予定です。


5.メインドーム(タージマハールの中心部分)は2018年4月から11月にかけて作業が開始される予定です。


約1年後にはすっかりキレイになったタージマハールに出会えそうですね!


今年もみなさまにとって良い年になりますように。


㈱ビーエス観光 アショカツアーズ


 


【続報その12】 2018年 7月 2日(月)


アグラ タージマハルの修復作業につきまして最新情報をご案内します。


現在タージマハルの正面からみて右下の小さなドーム部分を修復中です。
4月に起こった暴風により損壊したロイヤルゲートも修復中となります。


小さなドーム部分の修復が終われば正面ドームへと作業が移る予定ですが、
現在のところ作業終了時期は未定となっております。


また最終情報が入りましたらご連絡します。


  

【お知らせ】ネパールを見る!知る!学ぶ!ツアー参加者募集

2018年02月19日 18:17

◆◇ ネパールを見る!知る!学ぶ!ツアー参加者募集 ◇◆

公益社団法人シャンティ国際ボランティア会(SVA)様企画のネパールスタディツアーを実施します。

SVAを運営する若い僧侶たちと一緒にネパールで被災復興地や学校、寺院を訪ね、ネパールの深部に触れる旅です。

学習の他にルンビニ公園で瞑想をしたり、観光をしたり盛りだくさん!ぜひこの機会にご参加ください。

  

実施:2018年 6月3日(日) ~ 6月9日(土)

詳しくは【公益社団法人シャンティ国際ボランティア会(SVA)】様の下記HP をご参照ください。


  

【インド現地情報】2017年7月9日 アーメダバードの街が世界遺産に登録されました!

2017年07月11日 10:35

歴史都市を歩く 歴史都市を歩く 歴史都市を歩く


今開催されている2017年 第41回世界遺産委員会(WHC)にて、グジャラート州首都「アーメダバード=AHMEDABAD」が、インド国内で初めて世界文化遺産(都市)に認定されました。  


アーメダバードは660年の歴史があり、綿織物生産の中心地として栄えている町ですが、それ以外にも注目を集めている「階段井戸」や、数々のイスラム建築・イスラム芸術の他、ヒンドゥーやジャイナ教寺院の彫刻が優れていることから世界遺産都市と認められました。


オススメは、複雑で繊細な彫刻の建物が立ち並ぶ、ポル(Pol)と呼ばれる独特の集合住宅地を歩いて見学していただくヘリテージ・ウォーク。 


それ以外にも(特に建築好きの方にオススメ)、ル・コルビュジェの関連の建物が4つありますので、これらもチェックしてみてください。


そしてそして忘れてはいけないのは、インド建国の父「マハトマ(偉大なる)・ガンジー」が自由と独立のため運動をした拠点の場所も、ここアーメダバードだということです。 郊外にある「Sabarmati Ashram =別名ガンジーアシュラム」から塩の行進が始まりました。


階段井戸 ジャーマ・マスジット サバルマティ・アシュラム


みなさん今大注目のアーメダバードを訪れてみませんか?


UNESCO World Heritage Centre


アーメダバードに行くツアーはこちら♪


~古代インダス文明からラジプート時代へ~グジャラート歴史紀行8日間 (関空発エアインディア利用) 


【クラシック&モダン】インド建築美術堪能の旅10日間(成田発エアインディア利用)
☆★中世の遺跡からコルビジェ建築まで…インドのアートに浸る旅★☆ 

ジャマー・マスジット@オールドデリー

2016年06月21日 11:50

インドでは今月7日よりラマダンが始まっています。イスラム教徒の人々にとってラマダンの1ヶ月は特別な期間で、日中は断食をするなどして神聖な気持ちで過ごします。


そのイスラム教の寺院は「モスク」と呼ばれ、お祈りの時間帯には多くのイスラム教徒が集まり礼拝を行います。



インド最大のモスクのひとつ「ジャマー・マスジット」は、オールドデリーにあります。中庭には、2万5000人収容ができるそうですよ~ 大きい!



こちらの塔(ミナレット)は高さ40m、上まで登ることができます。



エスカレーターなどはなく、自分の足で、螺旋階段をグルグルグルグル一歩ずつ。



塔のてっぺんまで上ると、デリーを一望できます。 眺めは最高★


ところでお気づきでしょうか。一部の人は、おそろいの柄の布を体に巻きつけています。イスラム教では、「肌を見せてはいけない」とされているため、半そでや半ズボンの服装でモスクを訪れる際には、布で肌を隠さないといけないのです。


インドにはさまざまな宗教の人々がいて、お互いの風習や規律を尊重し合って暮らし、旅行者に対しても自由にさせてくれることが多いのですが、各宗教の“テリトリー”に入ると、やはり郷に入れば郷に従わなければならない場面に出会います。こんなとき、「あぁやっぱり、違う文化なんだな~」と実感します。


ちなみに、布地は入場時にレンタル(有料)できますが、自分のものを1枚持っていくと、インド旅行中はなにかと便利ですよ☆


 


夕暮れ時もきれいです。


1 / 812345...最後 »