このページの先頭です
ここから本文です
  1. トップ
  2. アショカツアーズ流インドの歩き方

アショカツアーズ流インドの歩き方

■TOPICSの記事一覧

【インド現地情報】アライバルビザが本格始動!

2016年04月14日 10:18

以前「3/1からアライバルビザが再開するらしいけど、どうせインドのことなのでまともに始まらないんじゃ・・・」とインドに対して大変失礼な記載しましたことを、ここに深くお詫び申し上げます!


今回のインドはかなり気合が入っています。


デリー空港では、「アライバルビザ」申請手続き専用の、かなり広くてきっちりしたスペースが設けられており、申請書に記入→申請カウンターで審査を受け→精算カウンターでビザ代を支払い→ビザ受領と同時に入国審査も完了・・・といったスムーズな流れが整っています。専用のエリアから直接、機内預け荷物受け取りエリアへ出られるので、入国審査の長い列に並ぶよりも早く手続きが終えられるかも知れません。さらに、なんと、日本語対応の係員が24時間体制で待機しているとのこと。これは大変心強いですね。


3/15時点での情報ですが、もうすでに46名の日本人がアライバルビザでインドに無事入国しているとのことです。


2012年~2015年1月に施行されていたアライバルビザよりも、条件がだいぶ緩和されていて、より利用しやすくなっています。以前は観光目的のみに適用されていましたが、商用や国際会議出席など、幅広い渡航目的で使えます。


今まで「インドに行きたいけど、ビザの手続きが面倒・・・」と思っていた方は、このアライバルビザを使って、いつでも気軽に、思い立ったら旅立ちましょう!



----------------------


アライバルビザを利用する場合、以下の全ての条件にあてはまる必要があります。


1.国籍は日本。


2.パスポートの残存有効期限は、インド到着日から6ヶ月以上ある。


3.渡航目的は観光・商用・会議出席・医療のいずれか。


4.旅行日数は30日以内。


5.デリー、ムンバイ、チェンナイ、コルカタ、バンガロール、ハイデラバードの空港から入国する。


【ご注意】


国籍が日本以外の方、旅行目的が留学や報道、31日以上の長期の旅、上記6空港以外の空港(コチンやトリバンドラムなど)や陸路(ネパールとの国境など)から入国する場合はご利用いただけません。日本出発4日前までにインターネットで申請するeTVビザや、東京・大阪のアプリケーションセンターで事前申請・取得するビザが必要です。また、現地で予定が変更して滞在が数日以上延びる可能性がある方も、アライバルビザ以外での取得をおすすめします。(アライバルビザの有効期限は、帰国予定日+2日で設定され、延長できません。)


----------------------

【運航開始】インド最速列車「ガティマン」続報

2016年04月06日 15:20

待ちに待った列車がデリーとアグラを超特急でつなぎます♪



2015年6月に、『もうすぐ運行かも・・・』とご紹介したガティマン・エキスプレスが、このたびやっと運行の運びとなりました!


実は、「新しい特急が走りますよ!」の一報が入ったのは2014年7月のこと。その後、ときどき「試験運行が成功!」とか「時速90km出た!」とか「もうすぐ運行開始しますよ~!」とか「とうとう来月に!」など情報が小出しにされて、そのたびに“そろそろか・・・!”とか、“今度こそは運行か?”とか期待だけされられて、結局延期、延期の連続。そのうちに法律上の問題が解決してないやらで何の情報も出なくなり“これもう走らないんじゃ。。。”と思っていたのですが、やっと、やっと、、、です。


第一報から1年9ヶ月。インドの悠久の歴史を考えると、これくらいどうってことないのかもしれませんが、このままでは日本のリニアモーターカーの方が先に開通するのでは、という気にさえなってきた矢先に。昨日4月5日、無事に運行し、デリー~アグラ間を予定通り100分で走ったとのこと!たくさん待った分、インドの人々の喜びもひとしおではないでしょうか。


当社のツアーで、今まで「シャタブディ・エキスプレス」(早朝6時発、デリー~アグラ間所要120分)を利用していたコースは、この「ガティマン・エキスプレス」(朝8時発、所要100分)へ変更いたします。“運行開始ほやほやの列車に乗ってみたい!”という方は、ぜひお申込ください。


 


たとえば、こんなコースで新特急列車に乗車できます。


↓↓↓圧倒的なスケール感のインド宗教美術・芸術に浸ります!↓↓↓


≪直前予約可!!≫■インドを代表する6つの世界遺産へ■~デカンの至宝~アジャンタ・エローラとタージマハール6日間


↓↓↓日本全国の空港から出発可!4日間でタージマハルとデリーへ★↓↓↓


≪直前予約可!!≫フリーステイZ-S “デリー・アグラ”4日間(ANA)

【インド現地情報】アライバルビザが3月1日から復活!?

2016年02月25日 15:08

2/23付ヒンダスタン・タイムズ紙によりますと、来月3月1日よりデリー・ムンバイ・チェンナイ・コルカタ・バンガロール・ハイデラバードの6空港に限り、現地到着後に「30日間有効のシングルビザ(観光・ビジネス・会議出席)」が取得できるようになります。(インドのことなので開始日が遅れたり、「やっぱりやーめた」があるかもしれませんので、実際に始まるまでは当てにされませんように・・・!)


インドビザの取得方法には、これまで日本出発前に手続きする2通りがありましたが、アライバルビザが加わることで3通りとなります。これまで、出発前の手続が間に合わず旅行をキャンセルせざるを得ないケースがまれにありましたが、現地で取得できればその心配はなくなるので本当なら朗報です。これを機にインドへの旅行者が増えてくれるとよいのですが!


 


■従来の2つの申請方法とは


1)東京・大阪にある「インドビザ申請センター」で事前に取得


 ●ビザの種類:申請後6ヶ月間有効 マルチプル(何回でも入国可)
  ※ご職業(マスコミ、大学、宗教関係など)によっては、1ヶ月有効 シングル


 ●必要なもの:パソコン、プリンター、A4用紙、パスポート、証明写真、印紙代+送料(3千円弱)など


 ●申請手順:


 サイトにアクセス⇒ https://indianvisaonline.gov.in/visa/index.html
  ↓
 「Regular Visa Application」のページに進み、必要事項を入力→プリントアウト
  ↓
 「インドビザ申請センター」に必要書類を提出し、現金でお支払い
  ↓                        
 その場でチェックを受け、受理されると約1週間後にパスポートとともに現住所へ郵送
 万一、不備があれば受理されません(もう一度初めから↑)


 


2)インターネットで事前に取得


 ●ビザの種類:申請後1ヶ月間有効 シングル(1回のみ有効)


 ●必要なもの:パソコン、パスポート、証明写真の画像データ、クレジットカード


 ●申請手順:


 サイトにアクセス⇒https://indianvisaonline.gov.in/visa/tvoa.html
  ↓
 「>> e-Tourist Visa」のページに進み、必要事項を入力
  ↓
 クレジットカードでお支払い(25USドル)
  ↓
 発給の可否が4日後のメールにて判明/不備があれば再申請(もう一度初めから↑)


 


■復活する予定のアライバルビザとは


2012年夏頃~2015年1月末の廃止まで、日本など指定の10カ国の国籍保有者に限り、到着空港でビザが発給されていました。このたび再開予定のビザ申請条件・手順は、前回の内容と同様ではないかと予想されますが、インド大使館・領事館のサイトでは正式な発表はまだなく、現時点で詳細は分かりかねます。


 


3)空港到着後に取得(2012年~2015年の場合)


 ●ビザの種類:申請日より30日間有効 シングル(1回のみ有効)


 ●必要なもの:パスポート、証明写真、60USドル


 ●申請手順:


 現地空港に到着後、ビザカウンターへ
  ↓
 申請書とビザ代を提出
  ↓
 審査が通れば、その場で発給/問題があると認定された場合は、入国できず強制送還


 


■しばらくは様子見を


昨年11月の安倍首相の訪印を受けてのことのようなので、おそらく日本国籍保有者のみが対象の、空港にとってはイレギュラーな業務となるため、ビザカウンターに係員が常駐していない可能性が大きいです。特に、成田・関空からの直行便(エアインディア、JAL、ANA)以外で到着した場合は、乗っているかどうかも分からない日本人のために待機しているわけがありません。以前も、対応してくれる係員をあちこち探し回ったり、どうやらさっさと帰宅してしまった係員の出勤を空港で何時間も待ち続けたケースなどがありましたので、数ヶ月たって軌道に乗るまでは利用しないほうがよいかもしれません。


到着後に戸惑うことにならないよう、まずは従来通りの1)か2)での取得手続きを行い、なんらかの事情によりどちらも間に合わなかった際の「最終手段」として3)アライバルビザを利用するのがおすすめです。


 


■渡航回数によっては使えません


2)と3)あわせて年間2回までしか利用できませんので、年に3回以上渡航される可能性がある方はご注意ください。


 


■アショカツアーズでは「インドビザ申請センター」での事前取得を推奨します


当社にビザ代理申請をご依頼いただきますと、いろいろなケースに対応できて一番安心して渡航できる1)の方法で取得いたします。ご自身で取得なさる場合も、できるかぎり1)でお手続きくださいますようお願いいたします。


 


※4月18日追記※


デリーのアライバルビザについては、かなりスムーズに手続きが行われているそうなので、ぜひご利用ください!専用ルームが設置され、日本語対応係員が24時間常駐しているとのことです。近日中に弊社スタッフの体験記を掲載させていただきます。

【ベストシーズン到来!】2月~3月おすすめインドツアー

2016年01月15日 10:42

広大な国土のインドでは、旅行シーズンは地域によってばらばらですが、デリーを中心とした北部インドでは、2月・3月が“ベスト・オブ・ザ・ベスト”です。


雨が少なく暑すぎないさわやかな気候で体調管理もしやすく、体力にあまり自身の無い方でも安心です。


さらに原油価格の下落にともなって燃油サーチャージがお安くなった今、行き時です☆


学生の方には、大阪発のエアインディア利用コースに一律10,000円引きの学割サービスもありますし、1ヶ月以上の延泊も可能です。卒業後は長期の旅なんてなかなかできませんので、春休み旅行や卒業旅行に、ぜひ♪


-------------------------------------


この時期におすすめしたいコースは・・・


■世界遺産を巡るツアー(現地係員同行)





数千年の歴史を持つインドには、時間も大きさも、想像を超えるスケールのものがインド中に残っており、世界遺産の多さで「世界6位」を誇ります。


有名な「タージ・マハル廟」、象のタクシーで登る「アンベール城」のほか、先史時代の「ビームベトカの岩壁画」や2500年前にお釈迦様が悟りを開かれた地の「ブダガヤ大塔」、紀元前から数百年にわたって岩山を掘りぬいて作られた「アジャンタ・エローラ石窟寺院遺跡」など、みどころは尽きません。


もちろん遺跡だけでなく、「高層ビルが立ち並ぶ大都会の首都デリー」「ヒンドゥー教徒の聖地ガンジス河(ベナレス)」「マハラジャの城下町(ジャイプール)」など、それぞれの町がもつ独自の雰囲気も味わえます。


インドの多様な魅力を凝縮した、6~12日間のプランをご用意しています♪


 


■☆★ブッダの足跡をたどる旅★☆ お釈迦様の六大聖地を巡る8日間





お釈迦様が生をうけた【ルンビニ】、さとりを開かれた【ブダガヤ】、初めて説法された【サールナート】、お亡くなりになった【クシナガラ】の四大聖地に加え、冬を過ごされた【ラジギール】と雨季を過ごされた【シュラバスティ(祇園精舎)】を8日間で訪れます。


<<仏教遺跡についてこちらでご紹介しています>>


さらに、観光地として外せない、ヒンドゥー教徒の【聖地ベナレスのガンジス河】や【首都デリー】も!


★仏教に興味のある方や、仏教を学ぶ学生の方に特におすすめです。


 


【旅の骨組みだけセット、あとはご自由に♪】 国際線+列車+送迎+ホテル+朝食のセットプラン
■フリーステイA “デリー・ベナレス・アグラ”8日間





首都デリーと宗教都市ベナレス、そしてムガル帝国の遺産タージマハルで有名なアグラを、夜汽車にゆられて巡る旅はいかがですか。


同じ車両に乗り合わせた地元の人々や、各国の旅人との一期一会の出会いもすてきなひと時に♪


★「ガンジス川をゆっくり眺めたい、タージマハルが見たい」「自由に動きたい」という方におすすめです。

【デリー現地情報】空港セキュリティーチェックを強化

2016年01月14日 12:53

1/14付ヒンダスタン・タイムズ紙によりますと、このたびデリー空港でのセキュリティーチェックが強化され、身体検査の際に「靴と上着を脱ぐこと」が義務付けられることになりました。


あわせて、機内持ち込み荷物の検査もより厳重に行われます。


また、二重のチェック体制をとり、搭乗ゲートエリア手前の検査のほか、飛行機搭乗前にも身体&荷物検査が行われるとのことです。



これまでよりもさらに検査に時間がかかることとなり、そこかしこで長~い列ができることが予想されますので、あせらずに済むよう空港へはできるだけお早めにお越しになり(国際線は3時間前※、国内線は2時間前までに)、搭乗手続き後は速やかに出国審査場へお進みください。


※免税店でゆっくりお買い物したい場合は、もうすこし早い方が良いです。


機内持ち込み手荷物には、必要最低限のものだけ入れておくと、スムーズに検査を終えられます。貴重品・機内で必要なもの(スリッパや小説、防寒用の衣類など)以外は、搭乗手続き前にスーツケースに入れてしまいましょう。


安全な空の旅のため、みなさまのご協力をお願いいたします。