ツアーコード:8-EZ-11-AITYO

無理難題 大歓迎 専門店が答えます。
ツアーからのアレンジも自由自在!あなたの、わがままかなえます。

《インド大周遊!》パーフェクト・インディア11日間(東京/大阪/各都市発)

歴史的遺産を巡りながらヒンドゥスタン平原~デカン高原を大横断

修復②
出発地
東京・大坂・各都市
旅行代金
275,000円~327,000円 目安
旅行日数
9泊11日間
観光地
【北】デリー(近代都市)/【西】エローラ(遺跡)/【西】アジャンタ(遺跡)/【北】ジャイプール(城下町)/【西】オーランガバード(遺跡)/【北】ブッダガヤ(仏跡)/【北】アグラ(タージマハール)/【北】ベナレス(ガンジス河)

ツアーのポイント

「どうせ旅行するなら、インドの全てが見たい!」という方におすすめ。仏教・ヒンドゥー教の聖地や11の世界遺産、「インドといえば」をぜんぶ詰め込みました!

悠久の歴史、奥深い文化、宗教、喧騒、静寂、活気のある人々・・・インドの魅力に触れ、インドを知るための、当社最長の11日間コース。お釈迦さまの悟りの地「ブダガヤ」、ヒンドゥー教の聖地「ベナレス」、世界でも名高い世界遺産「タージマハール」、マハラジャの栄華を偲ばせる華麗な「ジャイプール」、インド最大の石窟寺院「アジャンタ・エローラ」を巡ります。奥深い歴史・文化の片鱗に触れながら、インドをじっくり味わう旅です。

このツアーでは11ヶ所の世界遺産を訪れます。

  1. ジャイプールの歴代マハラジャの居住≪アンベール城(AC16建造)
  2. わずか14年で廃墟となったムガル帝国の幻の都≪ファテプールシクリ(AC16建造)
  3. 勝利の記念碑 世界一高いミナレット≪クトゥブミナール(AC16建造)
  4. 広大な領土を支配したムガル帝国皇帝たちの居城≪アグラ城(AC16建造)
  5. タージマハルのモデルともなったムガル皇帝の墳墓≪フマユーン廟(AC16建造)
  6. イスラム教建築の傑作≪タージマハル(AC17建造)
  7. ムガル皇帝シャー・ジャハンがアグラから遷都し建てた城≪ラールキラー(AC17建造)
  8. サワイ・ジャイシン2世建造≪天文観測所ジャンタルマンタル(AC18建造)
  9. インド仏教美術の最高峰≪アジャンタ石窟群(BC2-AC2,AC5-7建造)
  10. 岩山をそっくり繰りぬいた巨大なカイラーサナータ寺院≪エローラ石窟群(AC5-10建造)
  11. お釈迦様が悟りを開いたとされる菩提樹の隣≪マハボディー寺院寺(BC3建造)

旅行の季節

  • 気候を重視するなら日本の春秋のように最も過ごしやすい10月、11月、2月、3月がおすすめです。
  • 12月~1月は北インドの冬です。日本より寒さはマイルドですが、年末年始の旅には防寒準備を。
  • 旅費を低く抑えるには4~9月の旅へ。オフシーズンの割引率が高いデラックスホテル利用がお得です。
  • 8月のお盆・夏休み旅行には傘のご準備を。時折降るスコールの後は気温が下がり過ごし易くなります。
  • GWの時期、北インドは高温で低湿度の夏。日傘や帽子で日よけ対策をすれば快適に過ごせます。

ツアー日程

日程 発着地 時刻 スケジュール
1     飛行機出発2時間前、空港へご集合ください。
各都市発 午前 国際線にて、デリー
デリー着 夕刻 到着後、現地係員とミーティング。
専用車にてホテルへ。
ホテル:基本/DLX=レッドフォックス(A)等<デリー泊>機内食夕食
2 デリー発 午前 国内線にて、パトナ※朝食は機内食です
パトナ 午後 到着後、専用車にてガヤ(ブッダガヤ)へ。
※デリー~ガヤ間の便が運航された場合は、パトナを経由せずに、直接ガヤまで飛行機で移動します。
ブッダガヤ着 夕刻または夜 到着後、ホテルへ
ホテル:基本/DLX=ロイヤルレジデンシー(A)等<ブッダガヤ泊>朝食昼食夕食
3 ブッダガヤ 午前 お釈迦様悟りの地ブッダガヤ【世界遺産】観光
【入場】◎大菩提寺、◎日本寺
【下車】○尼蓮禅河、○スジャータの村
観光後、専用車にてガヤ駅へ。(所要時間約40分)
ガヤ駅 午後 急行列車にてペナレス郊外のムガールサライへ。
ムガールサライ駅 午後 到着後、専用車にてベナレス
ベナレス 夕刻 到着後、ホテルへ
ホテル:基本=インディア(B)等 DLX=ラマダ(A)等<ペナレス泊>朝食昼食夕食
4 ペナレス 早朝 ガンジス河の○沐浴風景を小船に乗り観光。
マニカルニカ・ガート(火葬場)付近で下船し
ビシュワナート寺院へと続く、迷路のような巡礼道を歩きます。
  午前 朝食後、釈迦初説法(初転法輪)の地サルナート観光。
【入場】◎野生司香雪の壁画 ムラガンダクティ寺院、 ◎初転法輪像を収蔵 考古学博物館(金曜休館)
【下車】○迎仏塔、○アショカ王柱、○ダメークストゥーパ
  午後 自由行動
  夕刻 ガンジス河畔にて○ヒンドゥー教の祈りの儀式アールティ(プージャー)を観光。
ホテル:同前日<ペナレス泊>朝食昼食夕食
5 ペナレス 午前 のどかな農村地帯にて、田舎風景を観光。
【下車】◎17世紀建立のラメシュワラム寺院、○素朴な街並みの門前町
ベナレス空港 午後 国内線にてデリーへ。
デリー 夕刻 到着後、ホテルへ。
ホテル:基本/DLX=レッドフォックス(A)等<デリー泊>朝食昼食夕食
6 デリー 午前 専用車にてアグラへ。
アグラ 午前 到着後、アグラ市内観光。
【入場】
◎霊廟 タージマハール【世界遺産】
◎ムガル帝国の居城 アグラ城【世界遺産】
ジャイプール 午後 専用車にてラジャスタン州の州都ジャイプールへ。
途中、ムガル帝国第3代アクバル王により造営後わずか14年で廃絶した都跡
◎ファテプルシクリの遺跡【世界遺産】を観光。
  夕刻 到着後、ホテルへ。
ホテル:基本=ホリデーイン(A)等 DLX=ラジプタナ(S)等<ジャイプール泊>朝食昼食夕食
7 ジャイプール 1727年サワイ・ジャイシン2世が市中宮殿に遷都するまで
歴代マハラジャの居住だった◎アンベール城【世界遺産】を観光。
※丘の上の城までは、ジープまたは象のタクシーで。
  午前 ジャイプール市内観光。
【入場】
◎サワイ・ジャイシン2世がアンベールから遷都し
1947年のマハラジャ制度廃止までこの地の藩王が居住した市中宮殿(シティ・パレス)
◎天文学者でもあるサワイ・ジャイシン2世建造天文観測所ジャンタルマンタル【世界遺産】
◎ナーハルガル要塞
【下車】
○外部との接触を制限された宮廷内の女性が格子越しに町を眺めた
風の宮殿(外観)○ジョハリ・バザール
ジャイプール空港 国内線にてムンバイへ。
ムンバイ空港 到着後、ホテルへ。
ホテル:基本=コヒヌール(A)等 DLX=ラリット(S)等<ムンバイ泊>朝食昼食夕食
8 ムンバイ空港 国内線にて、オーランガバードへ。
オーランガバード 午前 到着後、専用車にてアジャンタへ(所要約2時間)
アジャンタ 午前 ◎アジャンタ石窟寺院群【世界遺産】観光。
※仏教のみで構成される合計30の石窟寺院群のうち主要な石窟をご案内します。
オーランガバード 午後 専用車にてオーランガバードへ。
途中、石窟群を見下ろすビューポイントを経由します。
ホテル:アジャンタアンバサダー(A)等 DLX=タージレジデンシー(S)等<オーランガバード泊>機内食昼食夕食
9 オーランガバード 午前 陸路にてエローラへ。(約1時間)
途中、◎中世の城郭遺構ダウラダバードの遺跡を観光。
エローラ   到着後、◎エローラ石窟寺院【世界遺産】を観光。
※仏教・ヒンドゥー教・ジャイナ教で構成される合計34の石窟寺院群のうち主要な石窟をご案内します。
オーランガバード 午後 国内線にてデリーへ。
デリー 到着後、ホテルへ。
ホテル:基本/DLX=レッドフォックス(A)等<デリー泊>朝食昼食夕食
10 デリー 午前 終日、デリー市内観光。
【入場】
◎勝利の記念碑 クトゥブミナール【世界遺産】
◎ムガル皇帝の墳墓 フマユーン廟【世界遺産】
◎ビルラ財閥寄進 ラクシュミナラヤン寺院
【下車】○第一次大戦のインド兵士の慰霊碑 インド門
【車窓】●官庁街、●シャージャハン建造ラールキラー【世界遺産】
★市内観光の内容を変更できます。
【オプショナルツアー(要追加料金)一覧】よりお選びください。
デリー 国際線にて各都市へ。
※現地係員によるご案内は空港入口手前で終了します。
※搭乗手続きはお客様ご自身で行ってください。<機内泊>朝食昼食機内食
11 各都市空港 午前、帰着。機内食

出発日と料金

東京発 エアーインディア利用

2019/9/20~2019/9/30
近日発表
2019/10/1~2019/10/31
近日発表

大阪発 キャセイパシフィック利用

2019/9/20~2019/9/30
近日発表
2019/10/1~2019/10/31
近日発表

備考

  • 大阪・東京発以外はお問合せください。より割安になるように、全日空、日本航空などでご提案させていただきます。
  • プレミアムエコノミークラス、ビジネスクラスをご希望の方はお問い合わせください。
  • 別途TAX,燃油サーチャージを頂戴致します。(TAX,燃油サーチャージ=約22,000円※2019/9月時点 ※今後変動有り)
  • 掲載の料金は2名1室利用時の大人1人当りの旅行代金です。
  • 航空会社により各種割引がある場合がありますので、その都度ご案内いたします。
  • 国際線ビジネスクラスご利用追加代金:お問合せ下さい。大阪はキャセイパシフィック航空、成田はエアーインディアの利用になります。日本航空、全日空利用など、様々な飛行機のアレンジが可能です。お問い合わせください。
    ※国内線はエコノミークラスとなります。
    ※座席数が少なく、お席を確保できない場合もあります。(空席状況はご予約時にお知らせします)
  • ビザ申請代行料【印紙代1,550円+通常手数料6,450円】、海外旅行保険料は任意です。
  • 一部観光地では、カメラ・ビデオカメラの持ち込み料が必要です。現地払いをお願いします。
  • 昼・夕食時の飲み物代は、旅行代金に含みません。現地払いをお願いします。(ご参考:現地産ビール大瓶1本あたり 約500円~)
  • レストランのウェイター・ホテルのメイド・現地係員やドライバーへのチップは旅行代金に含みません。欧米のように強制ではありませんが、質の良いサービスを受けた場合に渡すのが習慣です。(ご参考:1~2名様1日あたり 約3,000円~/金額はあくまでもお気持ちによります)
  • クリスマス(12/24,25)や大晦日(12/31)に宿泊する際、通常の宿泊費・食事代のほか「ガラディナー代」お一人様 1泊あたり3,000~7,000ルピー(約6,000~14,000円)の追加費用が必要です。 旅行代金には含みませんので、現地でホテルに直接お支払いください。金額についてはホテルによって異なるため、手配確定後にご案内申し上げます。なお、国によってはホテル主宰の特別なディナーやショーが催される場合がありますが、インドは通常、何のイベントもなく通常通りの夕食メニューとなりますのでご了承ください。
  • 旅行代金の他、空港税・燃油サーチャージが別途必要です。
    燃油サーチャージ・空港税一覧はこちら

旅行条件

最少催行人数
1人
添乗員
同行しません
現地係員
あり
お食事回数
朝食7回/昼食9回/夕食9回
備考
  • インド到着後~出発までを日本語を話すインド人のエスコートが随行し観光地をご案内します。
  • 基本プランは中級クラスのホテル、DLXプランは上級クラスのホテルをご利用いただきます。※ホテルの指定はお受けできません。
  • インド渡航にはビザ(入国査証)が必要です。大阪・東京のインド大使館で事前に申請する場合、取得まで4日~2週間かかりますので時間に十分なゆとりを持ってお手続きください。※取得手続きの代行も承ります(有料)。なお2016年3月1日より、日本国籍をお持ちの方に限り、デリー空港到着時のアライバルビザ取得が可能となりました。(パスポートの有効残存期間が6ヶ月以上のパスポートが必要/現地払いビザ代:約4,000円)
  • 日程表記載の予定ホテルが満室等の場合、同等グレードのホテルをお手配いたします。( )内は当社独自のグレード基準です。高い順からL→S→A→B→Cと分類しています。
    利用ホテル名・ホテルグレード一覧はこちら

インフォメーション

ご案内

注意事項

  • 北部インドでは、冬期(特に12月~1月)、濃霧発生のため交通機関の運行が大幅に乱れ、日程に影響が生じる場合があります。
  • 北部・東部インドでは、夏期(特に7月~8月)、豪雨のため交通機関の運行が大幅に乱れ、日程に影響が生じる場合があります。

ご予約・お問い合わせ

アショカツアーズ(株式会社ビーエス観光)

電話番号
東京:03-3502-4022
大阪:06-6444-2225
フリーダイヤル
東京:0120-4022-15
大阪:0120-1029-34
営業時間
月曜~金曜 9:30~18:00
お電話でご予約承ります
休日
土曜・日曜・祝日
旅行業務取扱管理者
東京:水野剛
大阪:福田宅光
旅行企画・実施
株式会社ビーエス観光 アショカツアーズ

メールでのお問い合わせはこちら